> iPhone復元

iPhone スライドロック 解除 できない

スライドロックが解除できない場合の対処法


iOS 11から廃止されましたが、スライドロックは以前のAppleデバイスに重要な役割を演じております。だが時にバグやシステムの不具合などにより、スライドロックが解除できない場合もあります。

ロック解除画面が異常に大きくなって、或いはタップしても反応がないとか色んな原因でスライドロックが解除できなくなったら、iPhoneをまともに使えないという面倒な事態になります。ここでそんな時の対処法を幾つ揃えています。


一、「ズーム」機能の誤操作によるiPhoneのスライドロック解除不能の解決策


時に、知らないうちにiPhoneに「ズーム」という機能を誤操作して、ロック解除画面が異常に大きくすることがあります。こんな状況になったらうまくスライドできないのでロック解除不能になります。

その時には、拡大された画面を復元すればちゃんとロックを解除できます。指3本でダブルタップしたら元に戻せますので大きくなったロック画面でそうしよう。

「ズーム」機能を閉じたいなら、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」の順で「ズーム」機能を見つけて、オフにしてください。

iPhone スライド ロック ズーム

二、スクリーンをタッチても反応なしでスライドロック解除できない時の対処法


長時間の使用、システムアップグレード、或いは何らかのエラーでスクリーンをタッチしても反応がない場合に遭ったら、スライドロックを解除できなくなります。しかしこういう不具合はiPhoneを強制再起動すれば解決できる可能性が高いので心配しないでください。

1、iPhone 7/8/X以外のiPhone機種を強制再起動する方法


ホームと電源ボタンを同時に長押しします

2、iPhone 7を強制再起動する方法


「音量-」ボタンと電源ボタンを同時に長押しします

3、iPhone X/iPhone 8を強制再起動する方法


1、「音量+」ボタンを押して、すぐ放します
2、「音量-」ボタンを押して、すぐ放します
3、電源ボタンを電源が切る長押しします

iPhone スライド ロック 再起動

もし再起動しても問題はそのまま解決できませんならば、専門な修復ソフトで試してください。

三、システム修復専門ソフトでiPhoneスライドロックの不具合を解決する方法


iOSシステム修復の専門ソフトiOSシステム修復には全てのiOSデバイスを対応でき、色んなiOSシステム問題に解決できます。WindowsやMacにも対応なソフトバーションがありますので、ご興味があれば無料ダウンロードして試しましょう。



ステップ1、インストールされたソフトを実行して、Lighting USBケーブルでスライドロック解除できないiPhoneをパソコンへ接続してください。「スタート」ボタンをクリックすれば、ソフトはiPhoneの状態を分析します。

ソフト スタート

ステップ2、検出させたiPhoneの情報を確認したら「修復」ボタンをクリックします。ソフトがiPhoneの不具合に修復するためのファームウェアパッケージをダウンロードします。ダウンロードが終わったら修復プロセスが始まります。

確認 修復

ステップ3、修復プロセスが終わりまで暫く待てください。修復が完了したら、iPhoneは再起動しされ、そしてを普通に使えます。

修復 確認

これまではiPhoneのスライドロックが解除できない場合に、幾つの解決策です。もしこんな状況について何かのアドバイスなどがありましたら、どうぞコメントに残してください。



comments powered by Disqus

原田 かすみ はAndroid復元スタジオの開発者と編集ディレクターです。Google+とTwitterで彼女と連絡できます

私達の保証

お問い合わせ無料
100%安全ダウンロード
全球範囲に保護されている
安全なオンラインウェブサイト

下記の欄でメールアドレスを入力し、弊社のメールマガジンを購読すれば、Android 復元の製品情報や更新内容を見逃すことはありません。
ソフトの購入先 ソフトのダウンロード先

Copyright © 2018 Android-Recovery.jp . All Rights Reserved.

Android logo is a registered trademark of Google Inc. Other registered trademarks are trademarks of their respective owners.