> スマホ裏技

iOS Android 比較

最新のiOSとAndroid、どちらがいい?違いを徹底比較!


携帯を買いたい時、iPhone(アイフォン)とAndroid(アンドロイド)スマホどちらを選択すべきか分からない場合があります。今まではずっとiPhoneまたはAndroidスマホを使っていますが、もう飽きてしまい、これから異なるOSに機種変更したい方もいるでしょう。

スマホの発展に伴い、iOSは昔と違ってより機能的、個性的になり、Androidの方もより簡潔、美しいになります。二つとも世界中に大人気なOSですので、比較しても優劣はなかなかつけません。

特に、新世代iOS 11とAndroid 8.0 Oreoが登場した今、世間には「新OSのどっちが勝ちますか?」についての討論が始まり、iOSとAndroidの比較は再び話題になりました。本記事は両者の相違点を比較して、いろんな面からiOSとAndroid端末のメリット・デメリットを分析してみます。これから新携帯を購入したい場合、これを参考にして、自分には最適なデバイスを選んでください。

Android iOS 比較

1. メーカー


iOSシステムを搭載しているiPhoneのメーカーはたった一つしかないのです。それはApple。しかし、Android端末はSony、Samsung、HTC、OPPO、Huawei、Lenovo、LGなどいろんなメーカーがあります。つまり、iOSに比べてAndroid端末はより高い多様性と広い選択性を持ちます。各々のAndroid端末は異なるアクセサリーを搭載するので、その性能も価格も様々です。だから、自分の好み、経済状況または異なるブランドの端末の長所によって、適切なAndroidスマホを選択することができます。

Android iOS メーカー

2.アプリ


iOS端末は一般的にはApp Store以外からアプリをダウンロードすることができません。これに対して、Android端末は異なる提供元からアプリをダウンロードできるので、アプリの選択範囲はより広いです。しかし、提供元不明のアプリをインストールすることもできるので、Androidシステムの安全性はiOSより低いです。そのせいで、Androidシステムがウイルスからダメージを受ける可能性はより高いし、個人情報が流出する場合もあります。

Android iOS アプリ

3. 通知機能


Android 8.0 OreoはiOS 3D Touchの通知機能をコピーしました。もし通知が来ると、対応のアプリアイコンの右上コーナーで小さいなドットが現れます。こういう時、ドットが付いているアプリを長押しすれば、いくつの項目がポップアップで表示されます。この機能はiOSをコピーしてくれたものですが、とても便利な通知機能でしょう。

4.絵文字拡充


昔iOSはAndroidより豊かな絵文字を搭載しますが、Androidに内蔵されている絵文字はだんだん拡充大されていきます。最新のiOS 11もAndroid 8.0 Oreoも新たな絵文字を採用しました。両方も絵文字の顔の種類を大幅に増やしましたが、AppleのCEOの発言によると、Apple はiOSに数百種の絵文字を追加し、表情豊かな笑顔マーク、動物、神話のキャラクター、食物、服装などたくさんの種類を含みます。それに、絵文字の細部もより鮮明に設計されました。

iOSの新しい絵文字(例):

Android iOS 絵文字

5. 人工知能(AI)の進化


「スマート・テキスト選択」という機能がAndroid 8.0 Oreoに搭載されています。Android 8.0 Oreoで電話番号や文字またはメールアドレスなどを長押しし、青い雫のようなカーソルを利用してコピーしたい部分を選択すると、機械学習機能を搭載しているシステムはテキストの種類を自分で判断でき、対応のアプリを提案してくれます。もし一連の数字が電話番号に認識されたら、「電話」という選択が表示され、それをタップして「電話」アプリを直接に起動することができます。なかなか便利な機能でしょう。

Android iOS AI

iOS 11に内蔵されている「Siri」機能も進化しました。音声がより自然になり、英語とイタリア語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語の間の翻訳も「Siri」に追加されました。更に、「Siri」をリモートコントローラとしてApple TVを制御することも可能になります。

どうやら人工知能分野で、AndroidもiOSも進化しました。

6.オートフィル機能


ID名、パスワード、住所、メールアドレスなどの個人情報を自動入力できる「オートフィル」機能がAndroid 8.0 Oreoに搭載されます。以前、Androidもそれに似たような機能を提供しましたが、これほど操作し易いではありません。iOSは似ている機能を備えたが、使用範囲はAmazonなどたった一部のアプリに限り、普及していません。

Android iOS  オートフィル

7. iMessage


iMessageはiPhoneに内蔵されている通信アプリです。それを通じてApple製品同士の間に無料送受信やビデオ通話ができます。それにiMessageの会話記録は iPad、iPhone、iPod touch などのApple製品で同期できます。データの暗号化もiMessageアプリで行うことができます。それ以外、iOS 11でiMessageの「Apple Pay」を使用して友達に支払ことができます。

それに対して、Androidはよく似ているアプリAlloを開発しました。Alloはモバイルに対応できますが、SMSには未対応ですので、まだまだ未熟なアプリです。

Android iOS  iMessage

8. 検索機能


iPhoneはAndroidより素晴らしい検索機能ーーSpotlightを搭載しています。Spotlightを使って連絡先、ブラウザ、Androidスマホのファイル、位置情報から目的の情報を探すことができます。その検索の範囲が広いです。この点について、今のところAndroid端末はiPhoneに及ばないです。

Android iOS 検索

9. 「Picture in Picture」(P-in-P)機能


Android 8.0 Oreoで「Picture in Picture」(P-in-P)と呼ばれる機能が搭載されています。ユーザーはビデオや「Googleマップ」のナビゲーションなどを縮小してサムネイル状にした後、それを適切な位置に置き、ほかのアプリを使い続けることができます。

Android iOS PIP

以上は最新のiOS 11とAndroid 8.0 Oreoを例にして、iPhoneとAndroid端末の違いを比較しました。しかし、iOS 11もAndroid 8.0 Oreoもそのメリットと欠点がありますので、携帯を買いたい場合は自分の習慣や好みなどによって選択してください。iOS 11とAndroid 8.0 Oreo、最も適切なのはどうれですか?それはあなた次第です。
comments powered by Disqus

原田 かすみ はAndroid復元スタジオの開発者と編集ディレクターです。Google+とTwitterで彼女と連絡できます

私達の保証

お問い合わせ無料
100%安全ダウンロード
全球範囲に保護されている
安全なオンラインウェブサイト

下記の欄でメールアドレスを入力し、弊社のメールマガジンを購読すれば、Android 復元の製品情報や更新内容を見逃すことはありません。
ソフトの購入先 ソフトのダウンロード先

Copyright © 2018 Android-Recovery.jp . All Rights Reserved.

Android logo is a registered trademark of Google Inc. Other registered trademarks are trademarks of their respective owners.