Sakura Event Apps 2017
 > スマホ裏技

Essential Phone レビュー

Essential Phoneのレビュー:Androidの父に開発され、革新をもたらすシンプルなスマホ


Androidの父のアンディ・ルービンはスマートフォンの領域に全局面を左右するほどの地位を持って、Android生態系はすでに家電製品の領域に重大な進歩が得られました。もちろん、Androidの成功はアンディ・ルービンが唯一欲しいものではありません。過去10年間で、Androidは彼にできるだけすべてをもたらしたが、Androidの父はやはり新しいアイデアが生じて、自分がよく知らない新しい領域を探求し続けています。

この「変な新世界」がルービンにインスピレーションを与えて、彼は一連の新製品を製造してきて、「風変わり」の意味を私達に十分に説明しました。この目標を実現するため、彼はすべての自分が必要とするものを製造する以外に、会社の一番目の製品Androidシステムのキャリヤー・スマートフォン、誰も欠かせないツールも製造しました。なぜアンディ・ルービンがEssential Phoneを作るかというと、「Simple is always better」(シンプルなのは常にベターです。)という彼のマニュフェストは理由だとも言えます。

Essential Phone レビュー

Essential Phone PH-1はシンプルの他にまだかつてのない考えがたくさんあり、素敵な見た目だけではなく、ユニークなシステムもユーザーたちの好評を受けました。会社の初めてのスマホとしてはいいスタートとも言えますが、たくさんの改善しなければならないところもあります。

デザイン


デザインに関して、言いたいことはいっぱいあります。PH-1はとてもきれいなスマートフォンに違いない。いくつかのデザインや考え方で、PH-1は市場でのその他のフラッグシップと完全に異なっていて、革新の領域にとって、PH-1は現在のところですべての競争相手に比べてリードとなっています。

Essential Phone デザイン

PH-1の全体のデザインはとても簡単ですが、見た目はとても優雅で、簡潔の極みです。側面に押しボタンと背面の指紋識別ボタン以外、他のすべての場所にもいかなる余分な元素が見えません。

正面のスクリーンは第五世代のゴリラガラスを採用し、背面は鏡映面のセラミックの背板を採用しています。セラミックの材質は全体を更に高級、更に光沢に見えますが、逆にこのような材質も指紋のコレクタになりやすくて、これはすべて私達が想定済みのことです。PH-1の体積はiPhone7より何ミリメートル大きい、しかしスクリーンがiPhone7に比べ差が大きい。このようなトップクラスの材質+フルスクリーンのデザインは、アンディ・ルービンのビジョンの一つとなっています。

Essential Phone ボディ

機体のサイズと体積ははとてもコンパクトですが、重量においても軽いという意味ではありません。PH-1の重量がiPhone7より重くて、サムスンGalaxyS8に比べても更に重いです。数字が目立たないが、手で持つと明らかな感じがします。PH-1は大きいスクリーンのサムスンGalaxy Note8より10グラム軽くなって、でもこの重さはPH-1の手触りをとてもすばらしくならせて、手で持って、ずっしりと重くて、人を気に入って手放せなくさせます。

PH-1は手で持つと少し滑って、うっかりすると地べたに落ちる心配がさせます。幸いなことに、PH-1の体積が大きくなくて、片手で使用するには比較的に楽で、ふだん使う時に注意すればいいです。

Essential Phone 手触り

PH-1の音量と画面ロックボタン/電源ボタンは押し心地が良いのですが、表面にテクスチャーを増加して欲しくて、そうしたらボタンをもっとよく区分することができます。平坦なへりはPH-1を持ちやすくならせて、平たいカメラはデスクトップに置いても、カメラのレンズは摩耗する心配がまったくしません。

基本的なデザインでは、すべてが大丈夫です。SIMカードのカードスロットは底部のUSB Type-Cインターフェイスの隣りにデザインされ、3.5ミリメートルのイヤホンのインターフェイスはキャンセルされました。現在のところ、イヤホンのインターフェイスをキャンセルすることはすでに多くのフラッグシップ機種の発展の傾向になって、スマートフォンの体験はどんどんよくなって、ブルートゥース技術もだんだん先進的になって、多くの人は更に簡潔なデザインが好きで、携帯にある使用チャンスが少ない3.5ミリメートルのインターフェイスが多少スマホの全体性を破壊したように見えます。

Essential Phone カラー

実は、現在のところの市場から見れば、3.5ミリメートルのインターフェイスのキャンセルは私達の生活に対してあまり影響がありません。逆に、ワイヤレス充電、防水防塵機能を支持するようになったため、スマートフォンの基本の属性は変え始まります。

スクリーン


PH-1はフルスクリーンフレームなしの設計を採用したため、機体の正面がほぼすべてスクリーンに覆われましたが、サムスンのように曲面のスクリーンを配備してスクリーンの比率を増加することがしません。底部と頂部のカメラ以外、その他はほぼすべてスクリーンに覆われました。

このようなデザインはPH-1の5.7インチのスクリーンをとても小さく見えて、4.7インチのiPhone7とほぼ同じです。フロントカメラのデザインは特に注意しなければ、比較的調和がとれているタイプだと言えるのでは。PH-1は19:10の縦横比を採用して、解像度は2560×1312画素で、これは全く新しい解像度で、頂部のフレームがキャンセルするため、それに応じて高さもちょっと上げました。

Essential Phone スクリーン

スクリーンの上部の角はLG G6とサムスンGalaxy S8と似ていてフィレットを採用しています。底部もフィレットで、しかし弧度が更に小さくなっています。PH-1のスクリーンの効果はとてもはっきりしていて、このようなアシンメトリーのデザインもスマホ画面を見る時の快適さには影響しません。スクリーン画面の輝度は限界がありますから、室外の場合、もし光があまりにも明るすぎると、やはりスクリーン上の内容ははっきり見えないのです。

インターフェース


アンディ・ルービンはPH-1に対して一つの望みがユーザーは携帯の好きではないアプリを使わざるを得ないことを断ち切ることです。そのためPH-1のシステム必ずAndroidを基礎にして、スマホの動作速度を保証しただけではなくて、清潔で地味なインターフェースを提供することができます。

シンプルなAndroidシステムはいくつかのユーザーにとって、質朴簡素なことを代表していて、Googleのサービス以外の無意味なアプリがほぼありません。PH-1のシステムのシンプルさはHTC、LGなどの相手に比べては同じランクではなく、サムスンを言うまでもありませんでした。

Essential Phone インタフェース

撮影アプリ以外、シンプルなAndroid OSのもう一つの優位はアップグレードするためにかかる時間が少ないことです。でも、PH-1の具体的な表現がまた確認する必要があります。今、Android 8.0がリリースしたばかりですので、今後PH-1のアップデートを試して、更新の行う時間をチェックしてみてもいいです。

PH-1はトップクラスのハードウェアが搭載されましたが、まに一部のアプリが使用する時には動作が遅くなる問題が現れて、多分全く新しい解像度がアプリに適合する時に、最適化不足する問題が現れると思います。この問題は将来徐々に解決されるべきです。

性能


PH-1は2017年最もトップクラスの配置を持って、8核のクアルコムのSnapdragon835プロセッサーとAdreno 540 GPUが採用され、4GBのランダムアクセスメモリと128GBのストレージスペースも採用され、そして、メモリを増やすことはサポートしません。

Essential Phone 性能

つまり、PH-1はとてもなめらかに使用することができ、しかし実際の性能はパフォーマンスベンチマークスによって評判できます。

接続性


PH-1はUSB Type-Cインターフェイスを提供して、充電する以外データ転送もできて、また360度のカメラを接続する専用のインターフェイスも取っておきました。3.5ミリメートルのイヤホンを使用したい場合は、エクストラのロータリージョイントが必要となっています。

Essential Phone 接続性

カメラ


現在のところ、PH-1の最もファンたちを惹きつけるポイントはカメラです。

PH-1は1300万画素のダブルカメラを採用して、オートフォーカスとレーザー補助フォーカスをサポートします。その中の1つのカメラは白黒の単色のセンサーで、単独で白黒写真を撮影することができます。カラー写真を撮影する時に、白黒センサーとカラーセンサーのデータは組み合わせて、最高の効果を得ることができます。現在のところほとんどのダブルカメラはすべてこの原理で撮っています。

室内で撮影する時、明るさが足りる場合、カラーセンサーでも白黒センサーでも効果が納得できます。写真を拡大すると、一部の細部がなくしますが、ダブルカメラがシングルカメラより細部は更にすばらしいです。

Essential Phone カメラ

室外での撮影といえば、昼間の撮影効果はとても良くて、HTC U11、GalaxyS8、LG G6およびiPhoneに比較すると、PH-1のカラーの効果は依然としてとてもやさしく見えて、白黒写真を撮影する時、効果がもっと良いです。

微光での撮影はカメラの撮影効果を検証する[Good]最優秀な手段です。PH-1のシャッター・スピードがとても速くて、大レンズによって、明らかな明暗対比を実現でき、ISOを自動的に調整した後、効果も気に入るとは言えます。

PH-1の欠点は、手ブレ補正不足となっていて、その他にPH-1の撮影アプリがあまりにも簡単すぎ、特別な最適化がほぼありません。そのため、PH-1できれいな写真を撮影できるには経験と技術の熟練度が必要でなければなりません。

バッテリ


PH-1のサイズはiPhone7よりちょっとだけ大きいですが、電池の容量がiPhone7より45%多いです。3040mAhのバッテリー容量でユーザーたちが余裕で1日を過ごすことができます。しかし、スマートフォンをよく使用するユーザーにとって、1日終わる時やはり少し焦るでしょう。PH-1はワイヤレス充電が支持しませんが、27wの急速充電するための充電器を配備しました。急速充電機能を通して、短い時間で充電が完成することができて、全く心配する必要はありません。

Essential Phone バッテリー

プロセッサー効率の向上やAndroid OSの改善につれて、PH-1の大容量バッテリーは明らかな優位性を持ち、せめてPH-1のフラッグシップの地位を守ったとも言えます。

まとめ


メリット
上手なデザインと質;
シンプルなAndroidシステム;
メモリが大きい。

デメリット
セラミックボディで価格が高すぎる;
カメラアプリを使用するのが難しい;
ワイヤレス充電を支持しない;
防水対応ではない。

Essential Phoneは苦心して設計するきれいな製品で、まだいくつかの問題があったけれども、手触りは素敵です。フロントカメラの設計に対し意見がなにかあるにも関わらず、このようなフルスクリーン設計が美学の面ではほとんどのユーザーを引き付けることができます。

きれいなセラミックボディはその名の通り、優秀な指紋のコレクタですが、性能もトップクラスで、さらにほぼ素の状態のAndroid OSを加えて、多くのAndroidファンたちの注目を集めています。

Essential Phone まとめ

カメラの方面で、PH-1のダブルカメラは主流のフラッグシップの水準に合って、システムの簡潔と高いバッテリー性能をさらに加えて、売価の699ドルのEssential Phoneは競争力の高い製品になりました。HTC U11、LG V30、サムスンGalaxyS8、甚だしきに至っては去年のGoogle Pixelに比べて、Essential Phoneは劣勢にならないために、機能にもそれらより向上しています。

Android陣営のスマートフォンにとって、PH-1はきれいなうわべを持つだけではなくて、大好評をもらえる中身もあリ、これはAndroid陣営にとって、iPhoneXと競争する最優秀なフラッグシップスマートフォンの一つとなっています。

comments powered by Disqus

原田 かすみ はAndroid復元スタジオの開発者と編集ディレクターです。Google+とTwitterで彼女と連絡できます

私達の保証

お問い合わせ無料
100%安全ダウンロード
全球範囲に保護されている
安全なオンラインウェブサイト

下記の欄でメールアドレスを入力し、弊社のメールマガジンを購読すれば、Android 復元の製品情報や更新内容を見逃すことはありません。
ソフトの購入先 ソフトのダウンロード先

Copyright © 2017 Android-Recovery.jp . All Rights Reserved.

Android logo is a registered trademark of Google Inc. Other registered trademarks are trademarks of their respective owners.