Sakura Event Apps 2017
 > iPhone復元

iPhoneのメールの復元

紛失したiPhoneのメールの復元方法


新しいiPhone6/6 Plusを買って、iPhone間のデータ移行とか、iPhoneのアップデート失敗とか、iPhoneをPCにバックアップする時のエラーとかの原因でiPhoneデータを紛失することがよく発生します。例えば、取引先からの大切な資料を載っているメールを紛失したら、慌てるでしょう。この文章は紛失したiPhoneメールの復元方法を紹介します。
iPhoneデータ復元」というソフトを使って、紛失したiPhoneのメールを簡単に復元できます。ほか、連絡先、メッセージや写真などのデータも復元できます。詳しいことは関連の文章を読んでください。

ヒント:iPhoneのメールが紛失した後、メールのやり取りはなるべくしないほうがいいです。
メールのデータが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。
そして、ソフトの購入前、無料版を使って、メールが残るかどうかの確認が大切です。




モード1 iOSデバイスから復元

ステップ1  iOSデバイスとPCの接続
ソフトをダウンロードして、開くと下の画面が出ます。提示のようにiPhoneをPCに接続してください。
接続後 、デバイス接続準備をしています、しばらくお待ちください。

iPhone 削除メール 復元

ステップ2 スキャンの開始
接続準備が完了した後、以下の画面が出ます。開始のボタンをクリックしてください。

iPhone 復元 メール

iOSデバイスが分析しています。少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

iPhone sms 復元

デバイスをスキャンしています。デバイスの写真、連絡先、SMSメッセージ、ビデオ、メモ、ボイスメモなどが復元する前プレビューできます。デバイスの復元したいデータが残っているかどうかがここで確認できます。

iPhone メール ゴミ箱 復元

ステップ3 プレビュー、選択的に復元
すべてのデータをプレビューして、削除された項目をONにしたら、分類的に表示しています。
復元したいメールを選んで、復元のボタンをクリックしてください。

iPhone メール 削除 復活

モード2 iTunesバックアップファイルから復元

このモードの使用するなら、このデバイスが以前iTunesでバックアップをしたことが必要です。
もしバックアップしたなら、下記の手順を下だって、簡単に進めます。
ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始
iTunesのバックアップファイルが表示されています。一般的に、今と最も近い時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンをクリックします。

紛失したメールの復元

ステップ2 プレビュー、メールの復元
すべてのデータがスキャンして。紛失したメールもメッセージのところで表示しています。
復元したいメールを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

紛失したiPhoneメールの復元

モード3 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 Apple ID のログイン
このモードはApple IDとパスワードを入力するのが必要です。
IDとパスワードを正しく入力してください。

メールの復旧 iPhone

最終バックアップの時間が表示されています。
最近の時間を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

紛失されたメールの復旧

ステップ3 紛失メッセージの選択、復元
すべてのデータをプレビューして、紛失した大切なメールを見つかって、クリックします。
そして、選択終了後、復元のボタンをクリックします。

紛失したiPhoneメールの復旧 

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。




comments powered by Disqus

原田 かすみ はAndroid復元スタジオの開発者と編集ディレクターです。Google+とTwitterで彼女と連絡できます

私達の保証

お問い合わせ無料
100%安全ダウンロード
全球範囲に保護されている
安全なオンラインウェブサイト
下記の欄でメールアドレスを入力し、弊社のメールマガジンを購読すれば、Android 復元の製品情報や更新内容を見逃すことはありません。
ソフトの購入先 ソフトのダウンロード先

Copyright © 2017 Android-Recovery.jp . All Rights Reserved.

Android logo is a registered trademark of Google Inc. Other registered trademarks are trademarks of their respective owners.