> スマホ活用小技>Android Oreo ピクチャインピクチャ

Android Oreoの新機能「PIP・ピクチャインピクチャ」

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.12.28
更新: 2019.03.26

動画の生放送を見る同時にSkypeで友達とチャットしたい、どうすればいいですか?前には2つのAPP間で何度も切り替えることしかできないのです。今回、最新のAndroid OはPIP(Picture in Picture・ピクチャインピクチャモード)機能が追加されますので、この悩みが簡単に解決できるようになりました。PIPはAndroid 8.0の最大の特徴の一つです。

Android PiP機能はまずAndroid 7.0のバージョンに基づいてAndroid TVで実現したものです。その主要な機能は放送している動画をその他の内容の上方の変動窓口に縮小することができて、それによってユーザーが動画を見ながらほかの操作をすることができるようになります。でも、その時PiPモデルはただAndroidTVだけに適用しましたから、それを利用する人がめったにいませんでした。

Android 8.0 Oreoから対応できるPIPによって、ユーザーは同一のインターフェースの下で2つの異なるappを使うことができるようになりました。その中の1つのappは小さい窓口の形式で表層において、ユーザーはその具体的な位置を調整することができます。

Android Oreo PIP

注意:PIPはすべてのアプリに対応できるじゃなくて、特定なアプリだけがPIPを使用することができます。

PIPの設定方法

1.まずは設定アプリを起動します。

2.「アプリと通知」をタップします。

3.「特別なアプリアクセス」をタップします。

4.「PIP」をタップすれば、PIPをサポートするアプリが確認できます。

Android Oreo PIP

5.ここにあるアプリをタップすれば、「PIPを許可」という項目が表示されます。これをオンにすると、このアプリが携帯のPIP機能を利用できるようになります。

Android Oreo Picture in Picture

PIPの使い方

まずはPIPに対応できるアプリを起動してください。例えばYouTubeを起動してから、Youtubeの動画を放送する時に、Homeボタンをタップすると動画はスクリーンの右下に縮小されます。次に、ユーザーはSkypeを起動すれば、Youtube動画を見ながら、Skypeでチャットすることができるようになります。もちろん、ユーザーはPIPで縮小したアプリ画面のサイズと位置を自由に調整できます。

macOS Sierra上のPIP

また、PIP はAndroidだけで使用できることじゃなく、iOS 9からiPadでも、macOS Sierraでも使用することができます。iPadやmacOS SierraでYoutubeなどの動画サイトで動画を見る時、動画プレイヤーをダブルクリックしてメニューを開いてから、「ピクチャインピクチャモードする」を選択すれば動画を見ながらほかの作業ができます。