> iPhone復元

iPhone データ バックアップ

iPhoneのデータをバックアップするやり方


iPhoneに溜まっている様々なデータは、iPhoneの破損や故障などの原因で紛失してしまう恐れがあります。その損害を避けるためには、定期的にiPhoneの大切なデータをほかのデバイスに保存してバックアップを取る必要があります。そのため、ユーザーたちは一般的にはiTunesまたはiCloudでiPhoneのバックアップを作成します。

でも、iTunesやiCloudを利用する時、iPhoneのデータは一括してバックアップされますので、選択的にバックアップを作成することが難しいです。そのため、本記事には、「iOSデータバックアップ・復元」というソフトをユーザーたちに紹介します。「iOSデータバックアップ・復元」はiPhoneなどのiOSデバイスデータを選択的にバックアップ・復元する機能を持ち、バックアップ中身のプレビューも可能です。

iTunesやiCloudでデータをバックアップするほかに、専門的なiOSバックアップツールのバックアップ・復元機能も試してはどうですか?バックアップはやはり二つ以上作成する方が賢明です。


アイフォンのデータをバックアップするやり方


これから、「iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneデータのバックアップ方法を紹介します。

ステップ1 ソフトをPCにダウンロードする


まずはソフトをパソコンにダウンロードしてインストールしてください。ソフトを開いた後、「iOSデータバックアップ・復元」を選択してから、「iOSデータバックアップ」を選んで、iPhoneデータのバックアップを始めます。

iPhone データ バックアップ

ステップ2 iPhoneをPCに接続する


そして、バックアップしたいiOSデバイスをPCにUSBケーブルなどの方法で接続します。

iPhone PC 接続

ステップ3 バックアップ方法の選択


iPhoneが認識されたら、次の画面になります。標準バックアップまたは暗号化バックアップを選択してから、「スタート」を押すことでバックアップを始めます。

バックアップ モード 選択

ステップ4 バックアップファイル種類の選択


次には、バックアップされるデータの種類を選択できます。表示されたファイルの種類の全てを選択できるし、一部だけ選択してバックアップすることが可能です。

バックアップ データ 選択

ステップ5 保存先を決める


バックアップのファイルを選択した後、「次へ」をクリックすれば、バックアップの保存先を選択できます。保存先を決めた後、「バックアップ」をクリックすれば指定したiPhoneデータのバックアップが始まります。

バックアップ 保存先 選択

要注意:iPhoneのデータがバックアップされている間には、iOSデバイスとPCの接続を切断しないでください。

右下の「停止」をクリックすれば「バックアッププロセスを中止しますか」と聞かれます。「はい」をクリックすれば、バックアップの作成プロセスがキャンセルされて、前のバックアップファイル選択画面に戻ります。

ステップ6 バックアップの終了


バックアップが完成したら、バックアップの情報(バックアップの名前、バックアップのサイズ)などを確認できます。次には、もう一つのバックアップを作成したり、バックアップのデータを復元したりすることが可能です。

iPhone バックアップ 終了

「もっとバックアップ」を選択すればステップ3のバックアップ方法選択画面に戻ります。本ソフトは複数のバックアップの保存に対応し、旧バックアップは新バックアップに上書きされないので、複数のバックアップを作成したい方はご安心ください。

「iOSデータ復元」を選択すれば、既存したバックアップの選択画面に入ります。バックアップからデータを復元したい場合、バックアップの詳細情報によってバックアップファイルを選んで、「バックアップをチェック」を押して、バックアップの中身をプレビューしてから復元してください。

iTunesでiPhoneデータをバックアップする方法


iPhoneのデータをiTunesに保存してから、iTunesからデータを取り戻せます。

1.iPhoneをパソコンと接続してから、iTunesを起動してください。
2.iTunes中のiPhoneのアイコンを押します。
3.手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」を押して、バックアップが始まります。

iTunes データ バックアップ

iCloudでiPhoneファイルのバックアップを取る方法


iPhoneのデータをiCloudの自動的にバックアップする機能を設定しておけば、iCloudは特定の状況に一部のデータを自動的にバックアップすることができます。でも、次の方法ではすぐiCloudのバックアップを作成できます。

1.「設定」からiCloudを選択してから、Apple IDとパスワードでiCloudにログインします。
2.iCloudのサービスから「バックアップ」を選択します。
3.最下部の「今すぐバックアップを作成」を選択してください。

iCloud データ バックアップ

iTunes・iCloudのバックアップからファイルを選択的に取り出す


iPhoneデータ復元のiTunes・iCloudバックアップから復元するモードを選択すれば、iTunes・iCloudのバックアップファイルをプレビューしてから、指定したファイルをバックアップから取り出すことが可能です。でも、暗号化したiTunesバックアップならば、まだパスワードを入力する必要がありますのでぜひ注意してください。


comments powered by Disqus

原田 かすみ はAndroid復元スタジオの開発者と編集ディレクターです。Google+とTwitterで彼女と連絡できます

私達の保証

お問い合わせ無料
100%安全ダウンロード
全球範囲に保護されている
安全なオンラインウェブサイト

下記の欄でメールアドレスを入力し、弊社のメールマガジンを購読すれば、Android 復元の製品情報や更新内容を見逃すことはありません。
ソフトの購入先 ソフトのダウンロード先

Copyright © 2019 Android-Recovery.jp . All Rights Reserved.

Android logo is a registered trademark of Google Inc. Other registered trademarks are trademarks of their respective owners.