> iOSデータバックアップ・復元>iPhone Safari バックアップ

iPhoneのSafariのバックアップを取る方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.12.26
更新: 2019.08.10

インターネット社会になる現在、多くのiPhoneユーザーは毎日標準ブラウザのSafariブラウザを通じて全世界のウェブサイトから多様な情報を入手しています。日頃によく利用されているブラウザですので、Safariにはブックマークが多く追加されても当然です。

でも、ウェブサイトをブックマークに追加されたと言っても、ブックマークがスマホの故障で紛失してしまう恐れがあります。そのため、定期的にiTunes、iCloudや「iOSデータバックアップ・復元」を通じて、Safariのバックアップするほうがいいです。

そのほかに、見覚えがありますがブックマークに追加されていないサイトを探したい場合、Safari履歴は役に立ちます。バックアップを取る時、Safariの閲覧履歴もブックマークと一緒に保存するこはをおすすめします。

「iOSデータバックアップ・復元」とiTunes、iCloudでSafariのバックアップを取る方法は異なりますので、これから皆様に一々紹介します。iOSデバイスユーザーは多種多様なバックアップツールを活用して、二つ以上のバックアップを作りましょう。

「iOSデータバックアップ・復元」でSafariのバックアップを作る方法

本ソフトを利用すれば、Safariのデータだけバックアップすることが可能で、Safariの特定のブックマークや履歴を抽出することも可能です。

ステップ1 「iOSデータバックアップ・復元」をPCにダウンロードする

まずは「iOSデータバックアップ・復元」をPCにダウンロードしてから、インストールしてください。ソフトを起動した後、「iOSデータバックアップ・復元」の「iOSデータバックアップ・復元」を選びます。

ステップ2 iPhoneをパソコンに接続する次には、iOSデバイスをPCにUSBケーブルで繋いでください。

iPhone PC 接続

ステップ3 バックアップモードを決めるiPhoneがソフトに認識されたら、モード選択画面になります。標準バックアップや暗号化バックアップを選択できます。「スタート」をクリックして、次へ進みます。

バックアップ モード 選択

ステップ4 バックアップファイルの選択では、バックアップデータの選択が始まります。表示されたファイルを全て選択でき、Safariのデータだけバックアップすることも可能です。

「Safari履歴」を選んだらSafariの閲覧履歴、「Safariブックマーク」を選んだらSafariのブックマークをバックアップに入れますので、保存したいものを自由に選びましょう。

バックアップ データ 選択

ステップ5 保存先の選択Safariファイルを選択した後、「次へ」をクリックしてください。次はバックアップの保存先の選択です。「バックアップ」をクリックしたらiPhoneのSafariファイルのバックアップが始まります。

バックアップ 保存先 選択

要注意:iPhoneのデータがバックアップされている間には、iOSデバイスとPCの接続を切断しないでください。

バックアップする間に、右下の「停止」をクリックすれば「バックアッププロセスを中止しますか」と表示されます。「はい」をクリックすれば、バックアップの作成プロセスがキャンセルされ、ソフト画面がステップ4のバックアップファイル選択する画面に戻ります。

ステップ6 完成したバックアップのチェックバックアップが終了したら、終了画面でバックアップの名前、バックアップのサイズなどの情報を確認できます。こちらでは、もう一つのバックアップを作成したり、バックアップのデータを復元したりすることができます。

iPhone バックアップ 終了

「もっとバックアップ」を選択すればステップ3のバックアップモード選択画面に戻り、もう一つのバックアップを作成することができます。本ソフトは複数のバックアップの保存にサポートし、旧バックアップは新バックアップに上書きされません。複数のバックアップを作る時は心配無用です。

バックアップ 選択

「iOSデータ復元」を選択すれば、既存したバックアップの選択画面に入ります。バックアップしたSafariのデータをプレビューできます。

「Safariブックマーク」をクリックすれば、ブックマークの確認が可能です。

iPhone Safari ブックマーク

「Safari履歴」を選択すれば、Safariの閲覧がチェックできます。

iPhone Safari 履歴

プレビューした後、復元したいデータを選定してから、抽出することができます。

iCloudでSafariのデータをバックアップするやり方

Appleの提供しているiCloudバックアップサービスでSafariの自動・手動バックアップが可能ですが、ほかのデータも一緒にバックアップする必要があります。今は手動で今すぐiCloudバックアップを作成するステップを説明します。

1.iPhoneの「設定」アプリに入り、「iCloud」を選択、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインします。

2.次には「バックアップ」を選びます。

3.iCloudのストレージ容量を確認、下部の「今すぐバックアップを作成」を選んでバックアップします。

ちなみに、自動でSafariデータをiCloudでバックアップしたい場合、「バックアップ」のSafariをオンにする必要があります。

iCloud データ バックアップ

iTunesでSafariのバックアップをする方法

iTunesでPCにiPhoneのバックアップを作成することも可能です。本方法でSafariをバックアップするにはiTunesのインストールが必要です。

1.iPhoneをPCと繋いで、PCのiTunesを実行します。

2.iOSデバイスが認識されたら、iTunesの左上に端末のマークが表示されます。それを選択してデバイスの詳細を見ましょう。

3.左側の「概要」を押したら、「バックアップ」の「今すぐバックアップ」を選択してバックアップを作成できます。

iTunes データ バックアップ

    消えたSafariデータを取り戻す

Safariデータが失ったからこれからSafariのバックアップしたくなる人もいるかもしれません。実際紛失したSafariのデータは復元ツールで復旧可能です!「iPhoneデータ復元」の三つの復元モードを通じて、iOSデバイス、iTunesバックアップ、iCloudバックアップから消えたSafariの履歴やブックマークを検出してから取り戻すことが可能ですので、今すぐソフトを利用してみましょう。