> スマホ活用小技>Googleフォト 写真 バックアップ

Googleフォトで写真をバックアップする方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.04.26
更新: 2019.03.26

「Googleフォト」はグーグルに提供されているサービス、Android、iPhone、パソコンで使えることができます。グーグルフォトで、とても簡単で便利に写真を管理し、携帯電話やパソコンで写真をバックアップして、共有することができます。Google+の写真機能と似てるようなものですが、Google+から独立された機能で、写真機能だけを使えるアプリです。

Googleフォトは写真や動画をオンラインストレージへ保存することができ、容量は無制限です。アップロードできるのは1,600万画素までの写真と1080pまでの動画で、それ以上の写真や動画は圧縮されます。もちろん、画質も下げられます。アップロードされた写真や動画は非公開ですが、設定によって、写真のフォルダを友達に共有することも可能です。

ここで、Googleフォトの使い方を紹介し、写真をバックアップする方法を説明します。

Androidの場合:


まず、Googleフォトをダウンロードし、起動します。

Googleフォト 起動

そして、画面左上のメニューボタンをタップします。

メニューボタン タップ

メニューで、「設定」をタップします。

設定 タップ

アップロードサイズを「高画質」に選択します。「元のサイズ」を選ぶと、利用できるストレージに制限がありますので、「高画質」を選び、無制限な容量を利用できるようになります。「バックアップと同期」を見つけて、「バックアップ」をオンにすれば、写真が自動的にアップロードされます。

バックアップ オン

バックアップ設定を「Wi-Fi経由のみ」を選択すれば、デバイスがWi-Fi接続時のみ写真や動画をアップロードします。「WI-FIまたはモバイルネットワーク経由」を選択すると、同期はモバイル通信も利用することになります。「充電中のみ」を選択すれば、充電する時のみ同期します。

Wi-Fi経由のみ 選択

iPhoneの場合:


上と同じく、アプリを起動し、設定を開けて、「バックアップと同期」をオンにすればグーグルフォンが自動的にバックアップします。「モバイルデータ通信を使用して写真・動画をバックアップ」をオフにすると、Wi-Fiだけで同期することになります。

Googleフォト 起動バックアップと同期 オン

携帯電話でアップロードされた写真は、パソコンで見ることもできます。グーグルを開けて、右上のアプリメニューでフォトを開ければ、アップロードされた写真を閲覧・管理することができます。

グーグル メニュー フォト 開け