> データ復元>コンパクトフラッシュ データ 復旧

コンパクトフラッシュカードのデータを復旧する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.08.25
更新: 2019.06.25

コンパクトフラッシュカード(CFカード)はアメリカのSanDisk社が1994年に開発したメモリーカードです。主としてPDA、音楽プレーヤー、デジタルカメラなどのデバイスで広幅く使用されています。でも、データの紛失問題がよく出てくれます。例えば、コンパクトフラッシュカードをパソコンに接続する時、データが認識されないこと。

このような場合には、「データ復旧」という実用なソフトを利用すれば、コンパクトフラッシュに失われたデータを完璧に復旧することができます。それだけでなく、「データ復旧」でSDカード、USBメモリなどの記憶メディアのファイルも簡単に復元できますよ。以下はこのソフトよりコンパクトフラッシュのデータを復旧する方法を紹介します。

CFカードのデータを復元する手順

ステップ1、「データ復旧」をダウンロードしてインストールしてください。コンパクトフラッシュカードをPCに接続します。ソフトを実行した後、復元したいデータのタイプと元の保存先、つまりCFカードのドライブ名を選んでください。

データ復旧 メイン画面

ステップ2、「スキャン」でファイルの検索を始めたら下の画面になります。結果が出るまで暫く。

スキャン中

ステップ3、ファイルが失われたコンパクトフラッシュという場所を選択します。「開始」をクリックすると、失われたデータへのスキャンが始まります。

プレビュー ファイル

ステップ4、スキャンが完了した後、データをプレビューして復旧したいファイルをチェックします。その後、「復元」ボタンをクリックして、復旧を始めます。

復元完了

これで、コンパクトフラッシュカードのデータを復旧しました。「データ復旧」を使って100MBのデータ容量まで無料で復元できます。どうぞ試してみてください。