> iPhoneデータ復元>iCloud バックアップ 内容

iCloudでバックアップできる対象は?バックアップ内容を見る方法はこちら!

編集者: 橋本 学
日付: 2018.12.12
更新: 2019.06.25

iCloudとはApple会社より提供され、iOSデバイス向きのクラウドバックアップサービスです。Apple IDごとに5GBまでのストレージが無料提供されて、バックアップする以外、ファイルをアップロードし、他の同一IDで登録されているiOSデバイスの間に共有することもできます。

それでは一体iCloudでどんなのファイルをバックアップできるか、今日の記事で説明させてください。作成されたiCloudバックアップの中身を見れるソフトも皆さんに推薦したいと思います。

iCloudでバックアップデータタイプの選択方法

iCloud 設定

ご覧のように、iPhoneやiPadで「設定」「Apple IDとiCloud」「iCloud」の順で進むと、バックアップ対応できるデータタイプがリストで表示されます。「写真」「書類とデータ」をはじめ、「カレンダー」「リマインダー」等の色々なタイプのデータをバックアップすることもできます。

その中にバックアップしたいデータのスイッチをオンして、「バックアップ」「今すぐバックアップを作成」の順で進んだら手軽にiCloudバックアップを作れます。

バックアップ 選択

するとバックアップのプログレスバーが表示され、自動的進みます。完了後、バックアップされる対象を見たいならば、これからの方法を参考してください。

iCloudバックアップファイルの中身を見る方法

iCloudのクラウドサーバに保存されるバックアップファイルは直接見ることができません。中身をチェックしたいならば一度バックアップを復元するか、もしくはiPhoneデータ復元のような専門ソフトを使う必要があります。しかしバックアップを復元すれば現在iPhoneにあるデータを上書きするので、ソフトを使う方をお勧めします。

1.ダウンロードされる「iPhoneデータ復元」を起動して、「iCloudバックアップファイルから復元」の機能ボタンを押せば、Apple ID認証ウインドウが出てきます。そこでバックアップする時利用したApple IDとパスワードを入力してください。

iCloudから復元

2.サインインした後表示されるiCloudバックアップ履歴の中から、チェックしたいのを選んで、ダウンロードボタンによってそのバックアップファイルをパソコンにダウンロードしてください。

バックアップファイル ダウンロード中

バックアップファイルの分析によって、結果一覧画面でカテゴリとファイル数等が表示されます。

バックアップファイル スキャン中

3.カテゴリ別でバックアップされるファイルの中身をプレビューすることが可能です。その中に気になるファイルがあればそれを選んで、「復元」ボタンでデータを取り出すこともできます。復元先はパソコンだからデバイスで保存されるファイルを上書きする心配も要りません。

iCloud写真 復元

「iPhone復元」によって、写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、通話履歴、メモ等様々なバックアップファイルを直接見ることができて、その中に必要なファイルのみ選んで復元することも可能です。iCloudバックアップファイル以外、iTunesのバックアップファイルの中身も見れるので、この便利なソフトをダウンロードして、バックアップ内容をチェックしてみましょう。