> スマホ活用小技>ブルートゥース 接続

近距離での無線通信ができる!ブルートゥース(Bluetooth)の接続方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2018.01.12
更新: 2019.03.26

ブルートゥース(Bluetooth)は近距離での無線通信を行うための技術で、パソコンやスマートフォンといった情報機器やオーディオ機器などを数mから数十メートル程度の距離で電波を使い情報をやりとりすることができます。リアルタイム通信ソフトウェアがまだ普及しない時に、ブルートゥースは既に人気があって、画像、音楽、動画、ファイルなどを伝送することができて、その時の転送スピードはとても遅いですが、みんなの好感を受けました。そして、今のとことブルートゥースはもうファイルの転送に限っていなく、他のいろいろなところに展開しています。

ブルートゥース 接続

ブルートゥースの役目

ユーザーのコンピュータ、スマホとPDAの連絡先、カレンダー等の情報をシンクロナイズすることに対応します。

1.コンピュータからプリンターにファイルを無線発送することに対応します。 2.ユーザーのコンピュータにマウスとキーボードを無線接続でき、テーブル上の乱雑な電線を免除します。 3.スマートフォンスピーカーにつないで、ハンズフリー電話会議を開催できます。 4.無線のステレオのイヤホンを通じて家庭のオーディオ等の装置の転送した音楽を楽しめます。 5.スマホに接続した無線のイヤホンを通じて気の向くままに電話に出ることができます。 6.Bluetoothの設備で即時ネットワークを創建することができて、ユーザーにプレゼンテーション原稿あるいはその他のファイルを共有でき、互換性あるいは電子メールの訪問する制限を受けません。

以上はブルートゥース機能の一部となっていて、ブルートゥース技術のおかげで、人間の仕事も生活も大きく変わって、生活がもっと気の向くままに、もっと効率的に変わりました。

ブルートゥースをAndroidスマホに接続する方法

1.「設定」―「無線とネットワーク」の順にタップし、Bluetoothをオンにします。

ブルートゥース 接続 2.スマホと接続できる他のBluetooth対応設備が表示され、接続したい設備をタップするとペアリングは完了します。またPINコードの入力を求められる設備があり、画面に表示されたペア設定コードもしくは、説明書に記載された番号を入力すれば、接続できます。接続した設備を使用することができるようになりました。

ブルートゥース オン

Bluetoothのバージョン選択には要注意!

Bluetoothイヤホンはよく使われるハイテクの知能家電で、通話やビデオ通話を更に便利にされますから、使う人はだんだん多くなりました。しかし、製品によって、Bluetoothのバージョン、電波到達距離クラス、ポロファイルが違って、使用できない場合もありますますから、購入する時に確認すべきです。プロファイルに対応しないバージョンを選択すると、接続できない場合もあるから注意してください。

ブルートゥース 距離

Bluetoothイヤホンの電波到達距離について

電波到達距離は最大100m、最大10m、最大1m3つのクラスに分けていて、Bluetoothで接続する2つの設備のクラスが違う場合、短い方に合わせるとのことです。今のBluetoothイヤホンのブランド、分類、型番はたくさんあって、更に良好な効果を持つために、慎重に選ばなければならないのです。