> iPhone裏技>iTunes 認証 解除

コンピュータでiTunesの認証を解除する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.04.13
更新: 2019.03.26

MacまたはWindowsパソコンでiTunes Store、iBooks Store、App Store から購入したコンテンツ を使いたい場合、iTunesを認証する必要があります。

パソコンを売却または譲渡する場合、自分のAppleアカウントの安全のために、そのパソコンでiTunesの認証を解除するほうがいいです。また、認証可能なコンピュータの台数が5台以下に限られていますので、台数を超えた場合、使わないコンピュータの認証を解除することができます。

iTunesの認証を解除すれば、そのパソコンでiTunes Store、iBooks Store、App Store から購入した曲、映画、テレビ番組、App、ブックなどのコンテンツが使えなくなります。

コンピュータを売却、廃棄、譲渡、修理に出すときやメジャーアップデートするとき、コンピュータでiTunesの認証を解除することがおすすめします。では、パソコンでiTunesの認証を解除する方法を紹介します。

iTunes 認証 解除 コンピュータ

iTunesの認証を古いPCから解除する方法

まず、認証を解除したいコンピュータで、iTunesを開きます。

次は、iTunes画面上部のメニューバーで、「アカウント」をクリックします。そして出たメニューで、「認証」>「このコンピュータの認証を解除」の順にクリックします。

iTunes 認証 解除 アカウント

ログイン画面が表示されますので、自分のApple ID とパスワードを入力します。

iTunes 認証 解除 ログイン画面

正しく入力すれば、認証が成功に解除されます。

iTunes 認証 解除 成功

ヒント:Windowsを再インストールする場合、再インストールする前にコンピュータの認証を解除しなかったら、そのコンピュータが複数回認証される可能性があります。こうなったら、認証済みでなくなるまで、何度かそのコンピュータの認証を解除して下さい。そして改めてコンピュータを認証すればいいです。

もしコンピュータを売却・廃棄する前に、認証解除を忘れた場合、そのパソコンの認証を解除するには、すべてのコンピュータの認証を解除しなければなりません。すべてのコンピュータの認証を解除する操作は、1年に一度しかできません。

すべてのパソコンからiTunesの認証を解除

すべてのコンピュータの認証を解除するには、まず上記と同じくiTunes を起動します。

そしてiTunes画面上部のメニューバーで、「アカウント」>「マイアカウントを表示」の順にクリックします。

iTunes 認証 解除 マイアカウント

ログインする画面で、自分のApple ID とパスワードを入力します。そうすれば、「アカウント情報」ページが表示されます。

iTunes 認証 解除 アカウント情報

スクロールして、「コンピュータの認証」が表示すれば、右側の「すべて認証解除」ボタンをクリックします。

2台以上のコンピュータを認証した場合、「すべて認証解除」ボタンが表示されます。1 台だけのコンピュータを認証した場合、そのボタンが表示されません。

すべてのコンピュータの認証を解除した後、認証したいコンピュータであらためて認証すればいいです。

コンピュータを認証するには、iTunes 画面上部のメニューバーで「アカウント」>「認証」>「このコンピュータを認証」の順にクリックします。そして自分のApple ID とパスワードでログインすればいいです。

iTunes 認証 解除 このコンピュータを認証

認証を解くことで新しいPCにて認証することも可能に

新しいPCを変更したら、認証を解除する以外に、新しいPCのほうにデータを移行することも必要です。iTunesのライブラリーを完璧に移行することには、古いPCの認証を解除し、新しいPCが認証できる状態になるのが必要です。ずっと使っていたiTunesをそのまま移すなら、認証解除の方法を覚えましょう。