> スマホ活用小技>USBデバッグ Android

Androidデバイス上のUSBデバッグを有効にする方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2016.01.04
更新: 2019.02.12

通常の状態では、USBデバッグはオフの状態です。ですから、USBデバッグモードが必要な場合、それをオンにする必要があります。PCにデバイスを接続したときに、認識できない場合があります。その時、パソコンの画面で「USBデバッグをオンにしてください」という提示があります。USBデバッグとは何でしょうか?実は、USBデバッグモードは開発者向きの機能で、携帯電話・タブレットとコンピュータ間でデータをコピーする、デバイスにアプリをインストールする、そしてパソコンのソフト、例えば「Androidデータ復元」、 iRoot、Kingo RootなどがAndroidデバイスにアクセスするなどのことを可能にする機能です。USBデバッグを設定する方法はAndroid OSのバージョンによりそれぞれ違います。つまり、同じモデルでも、すべてのAndroidデバイスを同じ方法で操作できないことです。

パート1:Android 4.2 Jellybean とそれ以降

Samsung Galaxy S6、HTC One M9 + 、Xperia Z5などに使用されているAndroid OSの最新バージョンには、必要な手順はちょっとだけ多いです。

ステップ1. 「設定」に入る「設定」>「デバイスについて」>「ビルド番号」の順でタップします。「ビルド番号」を七回タップすれば、「あなたは今開発者です!」と表示されます。

「ビルド番号」を七回タップ

ステップ2. 「USBデバッグ」をオンにする「設定」画面に戻り、「開発者向けオプション」を選択する後、「USBデバッグ」をオンにします。そして「OK」をタップすれば完了です。

「USBデバッグ」をオンにする

パート2:Android 3.0 Honeycomb から 4.1 Jellybeanまで

「設定」で、「開発オプション」をタップします。そして、「USBデバッグ」のチェックを入れます。これで、USBデバッグモードでデバイスをパソコンに接続できます。

Android 3.0 USBデバッグモード

パート3:Android 2.3 Gingerbreadとそれ以前

ホーム画面で「設定」を起動し、「アプリケーション」>「開発」の順にタップして、「USBデバッグ」のチェックを入れます。これだけでいいです。

Android 2.3 USBデバッグモード

このガイドの力を借りて、自分のAndroid携帯電話でUSBデバッグを有効にしましたか?この操作をする前に、自分のデバイスのAndroid OSバージョンを確認する必要があります。