> データ復元>エクセル データ 復元

削除したエクセルデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.07.29
更新: 2019.02.12

エクセルはグラフを作成し、データをより正確に分析できる計算ソフトで、学校や職場などでよく使われています。エクセルは便利ですが、データの紛失が発生する恐れもあります。「大切なエクセルファイルを間違って削除して、「ゴミ箱」にも空にした場合は、そのエクセルを復元できますか」、「パソコンが急にシャットダウンして、再起動したらエクセルファイルが消えてしまいました。どうしよう」と質問する人が多くあります。

この時、エクセルファイルを復元するには、復元ソフトを使うしかありません。「データ復旧」を使えば、紛失したエクセルデータを復元することができます。誤ってエクセル削除した場合にしても、ウイルスを感染してデータが消えた場合しても、このソフトを利用してエクセルの復元が可能です。次は、「データ復旧」で紛失したエクセルデータを復元する手順を紹介します。

エクセルファイルを復元するには

1、復元前の準備

無料の「データ復旧」をダウンロードして、パソコンにインストールします。ソフトを起動した後、復元したいファイルを選択する画面が見えます。エクセルデータを復元するので、「ドキュメント」を選択して、元の保存先もチェック入れて「スキャン」を押します。

データ復旧 メイン画面

2、スキャン開始 続いては、スキャンを完了待てだけです。クイックスキャンでファイルを検出できれば、長い時間要らなくて終わります。

スキャン中

3、紛失したファイルを選んで、復元する 紛失されるファイルを見つけたらそれを選んで、「リカバリー」ボタンをおしてください。すると復元先の指定ウインドウが出てくるからそこで保存先を自由に指定してください。

プレビュー ファイル

4、復元完了 復元完了後、ソフトから直に復元先のフォルダを開けて復元されるファイルを確認することができます。

復元完了

皆さん、いかがでしょうか。エクセルファイルのほかに、「データ復旧」でワード、写真、PDF、MP3などのファイルも簡単に復元できます。

エクセルを利用する時、大切なファイルをきちんと保存する必要があります。