> iPhoneデータ復元>iPhone 画面 暗い

iPhoneの画面がブラックアウトする時の対策

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.03.30
更新: 2019.03.26

iPhoneが利用されている時、突然画面が暗くなったことはたまにあるでしょうます。長いあいだにiPhoneの画面をタップしなければ端末が自動的にブラックアウトすることがありますが、iPhoneの明るさを変更していないのに、iPhoneの画面の明るさが自動的に変えてしまう場合もあります。

そして、突然暗くなったiPhoneのボタンを押してもスクリーンをタッチしても何の反応がなく、画面がそのままに暗くなった場合もあります。その時、端末は異常症状になったため、ただメニューから「設定」を開いてiPhoneを調整するだけではiPhoneを正常に戻すことができません。

iPhoneの画面が使用する途中にブラックアウトしたら不便があります。不具合を解決するためには、再起動したり修復ソフトを使ったり修理したりして、iPhoneを回復することはお勧めします。もし修復するあいだに端末の中のデータが失うことに心配するなら、iOSシステム修復を使えばiPhoneのデータを消えずに修復することが可能です。

iPhone画面が突然暗くなる場合の解決法

ステップ1 ソフトを起動「iOSシステム修復」をPCにダウンロードしてインストールした後、起動してください。メイン画面の左側のメニューを見て、「その他のツール」をクリックすれば、「iOSシステム修復」が見えます。本機能を選択して、機能の説明を読んだ後、「スタート」を押して次へ入ってください。

iPhone 暗い 画面 修復

ステップ2 iPhoneの情報をチェックiOSシステム修復機能を始めたら、iPhoneの画面が暗くなる異常状態がチャックされます。そして「確認」をクリックすれば、モデル番号を確認できます。最後は「修復」を押して、システム修復を始めましょう!

iPhone 暗い スクリーン 修復

ステップ3 突然暗くなる画面に対応するファームウェアをダウンロードiPhoneの画面が突然暗くなる異常状態に対応するためのファームウェアパッケージをダウンロードします。これから修復が始まります。修復する時、iPhone端末を操作することやPCへの接続を解除することはやめてください。修復が完成したらiPhoneの画面が正常になります。

iPhone システム 修復 終了

iPhoneを修理に出す場合

「iOSシステム修復」は物理的な損害に対応しないため、iPhoneが破損してしまうせいで画面が暗くなる場合、修理専門店へ行き、iPhoneを修理に出すことはオススメします。修理する前に、必ずパソコンのiTunesに接続して、iPhoneの大切なデータをバックアップしてください!