> iPhoneデータ復元>iPhone 画面 黒い

iPhoneの画面が真っ暗になる時の対処方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.04.05
更新: 2019.03.14

iPhoneの画面が真っ暗になるというトラブルが起きたら、どうすればいいでしょうか?その場合、まずはどんなに真っ暗になるかよく確認するべきです。なぜなら、iPhoneの画面が真っ黒になる表現により、解決方法が異なります。

使用している時突然画面が映らなくなり、起動しようと操作しても画面が暗いままに反応がありません。そして、起動したら起動できますが、画面がそのまま暗くて何も表示されない場合もあります。また、iPhoneの画面が真っ暗になる時、通信音がまだ聞こえるか聞こえないかもよく確かめてください。iPhoneの音がまだ聞こえるなら、iPhoneの明るさにより画面が消えてしまったかもしれません。もし音さえ聞こえないなら、iPhoneのシステム異常による画面が映らない可能性が大きいです。

原因を推測してみた後、PC・iPhoneの操作や設定により、画面がつかないアイフォンに対応しましょう!対処法を利用してiPhoneを修復する前に、まずは端末をPCに接続してiTunesでバックアップして見ることはオススメします。データを消さずにiPhoneを修復したいなら、ソフト「iOSシステム修復」でiPhoneを正常になることはオススメします。

iPhoneが真っ黒になる時の原因

iPhoneの画面が消える原因と言えば二つあります。

1.電源切れ2.iPhoneの明るさは不具合がある3.iPhoneのボタンやスクリーンの問題4.システムトラブルによる異常症状

iPhoneの画面がつかない状況を確認したいなら、いろいろな方法でチェックできます。

充電ケーブルをiPhoneに挿したら、充電切れの電池マークが表示されたら、電源切れの原因でiPhoneが真っ黒になりました。

iPhoneのスクリーンなどを押したら、声が聞こえますが画面が消えたら、iPhoneの明るさが変わったため、画面が暗いままに表示されないようになりました。

ほかの端末からiPhoneにメッセージを送ってみてください。刺激されたiPhoneの画面が正常になるなら、スクリーンやボタンには問題があるかもしれません。そのため、iPhoneはタッチされたり長押しされたりしたことに反応できなくて、画面が消えてしまいます。

以上の方法を全部試しましたが、iPhoneが真っ暗で何も表示されないなら、システム異常の可能性が大きいです。

iPhone 真っ暗 画面

アイフォンの画面が黒い時の対処法

1.充電原因1に対応して、充電ケーブルに接続してiPhoneを一時間ぐらい充電しましょう!

2.iPhoneを強制的に再起動原因2と4[]に対応する解決方法です。iPhoneのホームボタンと電源ボタンをアップルマークが表示するまでずっと同時的に長押してください。これでiPhoneが再起動されます。これで、iPhoneの画面の明るさが正常になるかもしれません。そして、iPhoneのシステム異常も再起動により修復されるケースがあります。

3.iPhoneの画面の明るさを調整原因2に対応する方法です。IPhoneの明るさが自動的に調整され、勝手に変わることは二度と発生したくないなら、iPhoneのメニューからアプリ「設定」に入って、「明るさ」を押して、「明るさの自動調整」をオフにしてください。

4.iPhoneのボタンやスクリーンを修理する原因3に対応して、直接的にアップルの修理専門店に行き、ボタンとスクリーンを修理します。

5.初期化原因4に対応して、つまり「リセット」ということです。でも、本方法を利用すれば、iPhoneのデータは全部消えてしまうため、初期化してみる前には、まずは「iOSシステム修復」でiPhone を修復してみてください。初期化しようと決めた時、iTunesでバックアップを取ておく必要があります。

iPhone 黒い 画面 つかない

6.ソフト「iOSシステム修復」で修復する

原因4に対応して、PCのソフト「iOSシステム修復」でiPhoneのデータを消さない場合に、画面が真っ暗になるシステムトラブルを修復します。

ステップ1 修復機能を実行する パソコンに「iOSシステム修復」をインストールして起動します。そして、ソフトの画面の左のメニューから「その他のツール」を選択して「iOSシステム修復」を選びます。本機能の説明を閲覧してから、「スタート」を押して次へ入ります。

iPhone 暗い 画面 修復

ステップ2 端末のモデル番号を確認iOSシステム修復機能を始めたら、iPhoneの黒い画面というトラブルを確認します。次には「確認」を押したら、iPhoneのモデル番号を確認できます。最後、「修復」を選択してシステムの修復を始まります。

iPhone 暗い スクリーン 修復

ステップ3 それに対応するファームウェアがをダウンロードされる真っ暗になる不具合に対応するファームウェアパッケージがダウンロードされます。ソフトで修復する場合、端末を操作することやパソコンとの接続を解除することはしてはいけません。修復が完成したらiPhoneの画面が正常になり、OSの最新になります。

iPhone システム 修復 終了

修理を依頼する

以上の方法を試した後、まだiPhoneの真っ暗になった画面を修復できないなら、iPhoneのデータをバックアップした後、修理に出しましょう!iPhoneがPCに検出されたらiTunesでバックアップを取ることができます。