> iPhoneデータ復元>iPhone 画面 赤い

iPhoneの赤い画面を修復する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.04.11
更新: 2019.03.14

iPhoneは赤い画面の不具合もあると言われます。画面が赤くなるだけではなくて、再起動を勝手に繰り返して、見たらすぐわかる異常症状です。iPhoneをリセットした時、リンゴマークが表示された後、再起動が終了すれば、iPhoneのホーム画面になる代わりに、赤い画面になることが可能です。

画面が赤くなった後、真っ暗になり、そしてリンゴマークが表示されて、そしてまだ赤くなり、繰り返して再起動するようになります。なんだかホラー映画みたいですね。こんな異常症状が起きる場合は驚かないでください。

iPhoneの赤い画面を修復したいなら、PCソフト「iOSシステム修復」を利用することをオススメします。本ソフトを利用すれば、データを消さずに、赤い画面と繰り返して再起動するシステムトラブルを修復して、iPhoneを正常な状態に戻すことが可能です。その他に、初期化することで赤い画面を修復してもいいですが、リセットする前にはiTunesでバックアップしておかないとiPhoneのデータが消えてしまうため、注意してください。

iPhoneの画面が赤い画面になる原因

メモリの容量が不足しているためにiPhoneが不具合になります。特に、フラッシュメモリーの不具合のせいでiPhoneが赤い画面になるかもしれません。

フラッシュメモリーの転送方法としてのTLC方式、その中のコントローラーICが不具合が起きて問題があるなら、iPhoneが赤い画面になります。

iPhoneの赤い画面に対処する方法

まずはiPhoneを強制的に再起動して試してみてください。再起動すれば、異常状態が修復されるかもしれません。

もし再起動しても赤い画面が出現すれば、ソフト「iOSシステム修復」を試してください。

それ以外、iTunesに接続してiPhoneを初期化することで異常を修復してもいいですが、リセットすればiPhoneの中のデータが全て消えてしまいます。そのため、初期化する前に、iTunesでデータをバックアップしてください。

iPhone 真っ暗 画面

「iOSシステム修復」でiPhoneの赤い画面を修復する

ステップ1 ソフトを実行「iOSシステム修復」をPCにインストールした後、起動してください。画面の左側のメニューの「その他のツール」を開けば「iOSシステム修復」が見えます。選択して、本機能の説明を読んだ後、「スタート」を押して次へ進みます。

iPhone 暗い 画面 修復

ステップ2 iPhoneのモデル番号を確認iOSシステム修復機能に入ったら、iPhoneの赤い画面という異常状態が検出されます。次には「確認」をクリックして、iPhoneのモデル番号を確認できます。最後、「修復」を押して、システムの修復をします。

iPhone 暗い スクリーン 修復

ステップ3 それに対応するファームウェアがをダウンロードされる これでiPhoneの赤い画面というトラブルに対応するファームウェアパッケージがダウンロードされます。ソフトが異常症状を修復する時、iPhoneデバイスを操作することやパソコンへの接続を解除することはしないでください。修復が完成したらiPhoneの画面が元に戻ります。

また、修復が完成すれば、iPhoneのOSが自動的に最新になります。

iPhone システム 修復 終了

赤い画面以外のシステムトラウブにも対応する

システム異常によりiPhoneが白・青などになることもあります。そして、画面が暗いままに何も表示されない時もシステム異常のせいかもしれません。その場合も「iOSシステム修復」を通じて、iPhoneの色の異常症状を修復してみてください。