> スマホ活用小技>スマホ 容量 増やす

Androidスマホのストレージ空き容量を増やす方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2019.04.15
更新: 2019.04.30

Androidスマホを使っている皆様は、知らないうちにスマホの空き容量がなくなってしまうと気づいて「あれ、どうしよう」と困ることがありますか。写真、動画や音楽などがスマホの容量を圧迫してしまうことは珍しくありません。実は、データが多すぎることにも問題があります。空き容量が少なくなって新しいデータを保存できなくなる一方、スマホの操作もスムーズにできなくなります。では、ストレージがいっぱいになった場合、いったいどうしたら空き容量を増やすことができますか?本文はこれからAndroidスマホの容量不足問題の対策法について説明します。

一、空き容量を確認する

スマホの空き容量を増やす前に、まずは、その空き容量がどれだけあるのか確認してみましょう。

1.「設定」をタップします。

2.出てきた画面を下にスワイプして、「ストレージ」を探し出してタップします。

3.これでストレージの詳細が表示されます。空き容量がどれくらい残っているかが分かります。

スマホ ストレージ

画面の表示によって空き容量が足りないかどうか判断できます。ストレージはまだ余裕があっても定期的に不要なデータを削除して空き容量を増やすほうがいいですよ。もし空き容量が少なくて容量不足状態になったら、以下の方法を使って空き容量を増やしましょう。

二、空き容量を増やす対策法

1.必要のないアプリやデータを削除する

スマホ時代に写真を撮ることが簡単になるため、今要らない写真、気に入らない写真を撮ったのに削除を忘れたことがよくあるでしょう。そのほか、音楽や動画などサイズが大きくて重たいデータも知らず知らずのうちに携帯に溜まっているかもしれません。容量不足を解消するために、スマホの中身をチェックして必要のないものを削除しましょう。

Android メディア 種類

写真の削除方法は「アルバム」→要らない写真を開いて「ゴミ箱」アイコンを選択→「削除」の確認をすればOKです。

Android 写真 削除

音楽の場合は「ミュージック」アプリを開いて、「曲」から曲やアルバムを選択します。

Android 音楽

削除したい曲の右側の「…」をタップして「ストレージから削除」を選びます。

Android 曲 削除

動画の場合は「ビデオ」アプリを開いて、ビデオの保存場所を開き、ビデオの右の「…」をタップして「削除」を押します。

Android 動画 削除

あまり使わないアプリがあるかもう一度チェックしてください。アプリで生じたデータがアプリを使わない時でも変わらないし、要らないアプリはスマホの動作に悪影響を与えるので、「空き容量不足」になる場合、要らないアプリの存在をチェックする必要もあります。

アプリの削除方法は機種によってやや違いますが、ここではXperiaを例にして方法を紹介します。

ホーム画面の左上のメニューを押し、「アンインストール」を選び、そして削除したいアプリのアイコンの✖を押すと、「アンインストール」の確認画面が出てくるので、「OK」をタップすれば完了です。

Android アプリ 削除

不要なアプリやデータを削除する方法は空き容量を活用する一番速くて手軽い方法だと言えましょう。

2.データを移動する

もし思い出になる写真や動画を削除したくないなら、ほかの場所に移動する方法をすすめます。ここではパソコンへのデータ移動を例にして説明します。必要なものはパソコンとスマホ用のケーブルです。

(1)ケーブルでスマホをパソコンに接続します。

(2)「設定」>「Xperia接続設定」>「USB接続設定」

Android 接続 設定

(3)「USB接続モード」が出てくるので、「ファイル転送モード」をタップします。

(4)ファイルの保存先を決めてから、パソコンに移動し始めます。

Android USB 接続

3.microSDカードを追加する

もしほかの端末に移動するのは手間がかかると思うなら、microSDカードの使用をおすすめます。microSDカードとスマホは一体になるので、ケーブルなしでデータの移動ができます。

アップルの端末に比べたら、AndroidのほうがSDカードを利用できることは大きなメリットです。もしデータをいちいち削除することが面倒くさいと思うなら、microSDカードの値段が安いし、使い方も簡単なので、SDカードの追加はおすすめです。

(1)microSDカードを購入

microSDカードの種類はいろいろありますので、購入する前に、規格・転送速度・保存可能な容量などについて店員さんに聞いたりネットで調べたりするほうよいです。

(2)写真や動画の保存先をmicroSDカードに設定しておく

前にも言ったように、写真や動画のサイズが大きいので、空き容量がなくなると大変です。だから、写真や動画の保存先をSDカードにすると、スマホのストレージが多くなってしばらく空き容量を心配せずに済みます。

カメラの保存先を設定したいなら、カメラを起動して「…」→「設定」→「保存先」→「SDカード」で変更できます。

カメラ 設定

(3)定期的に写真や動画をmicroSDカードに移動します。

溜めた写真や動画をmicroSDカードに移動すれば、スマホ本体の空き容量を作られます。

4.クラウドサービスを利用する

もしmicroSDカードの購入はお金がかかると思うなら、クラウドサービスをすすめます。容量無制限、無料かつ大量の写真や動画などのデータを安全にバックアップして管理できて、機種を変えても同じアカウントならいつでも見られるクラウドサービス―「Googleフォト」を紹介します。

(1)Googleフォトを初めて使うユーザーは、Google Playから本アプリをインストールしてください。そして、本サービスを利用するためにはGoogleアカウントも必要なので、アカウントのない場合は登録してください。

(2)アプリを起動して、写真へのアクセスや通知の許可をオンにして、初期設定に入ります。

Google フォト

(3)「バックアップと同期」をオンにしたら、これからの写真や動画が自動的にアップデートします。好きな時にアップデートしたい場合は、「オフ」のままでいいです。通信データが限られている場合は「高画質」をオンにしてください。もし通信の心配のないなら「元のサイズ」を選択してもよいです。

知らない間に写真や動画のアップロードでデータ通信が発生してしまうことを防止するために、「モバイルデータ通信でのバックアップ」や「バックアップのタイミング」なども設定しておくほうが良いです。

バックアップ 同期

以上がスマホの空き容量を増やす対策です。スマホは毎日そばにいてくれてユーザーのデータを守るアシスタントだから、定期的に不要なデータを削除することでスマホを守りましょう。