ペアレンタルコントロールアプリのグローバル業界分析

編集者: 橋本 学
日付: 2020.08.26
更新: 1970.01.01

ペアレンタルコントロールソフトウェアには、法的保護者が子供のデジタル活動を監視し、コントロールすることを可能にするサービスや機能が含まれます。これらの機能には、アダルトコンテンツや暴力的なコンテンツへのアクセス制限、コンテンツフィルタリング、スマホの活動の監視、スマホの特定のアプリのブロック、および位置情報の監視などが含まれます。これらの機能により、親は子供の安全を確保しながら、子供の生活を見守ることができます。

近年、ペアレンタルコントロールソフトウェアは急成長を遂げていますが、これは、親がこれまで以上にオンラインでの子供の安全性を心配していることの裏返しでもあります。今では、デジタルライフはあらゆる世代の生活の奥深くまで浸透しているため、親にとって、自分の子供が何をしているかを把握することの重要性はますます高まってきているのです。

ペアレンタルコントロールアプリのグローバル業界分析

ペアレンタルコントロールアプリとソフトウェアのグローバルトレンド

Data Bridge Market Researchによると、2018年の世界のペアレンタルコントロールソフトウェア業界の規模は約18億ドルで、米国が50%近くのシェアを占めています。2026年までには市場は年間10.2%の成長率で拡大し、約37億ドルに達すると予測されています。

この市場は、対象となる端末の種類、プラットフォーム、展開するチャネル、アプリケーションなどの多くの要因に基づいてセグメント分けすることができます。高機能のペアレンタルコントロールソフトウェアは、一般的にコンピューター、ゲーム機、デジタルテレビ、スマートフォンをカバーしており、多くカバーされるプラットフォームとしては、Windows、macOS、iphone スパイアプリ、Androidが挙げられます。

ペアレンタルコントロールソフトウェアの成長を牽引する主な要因

複数の研究によると、保護者がペアレンタルコントロールソフトウェアを使用する理由として、以下のような要因が存在します。

サイバーいじめ – インターネットは、子供たちの生活に便利さを与え、より多くの子供たちを相互に繋げることができる一方で、それはまた、新たないじめの要因を作るようにも作用しています。残念なことに、ソーシャルメディア上でのいじめは把握するのがはるかに困難であり、いくつかのケースでは、親は自分の子供がすでに数ヶ月間、さらには何年も残酷ないじめにあっているのに気づかないこともあります。

●なりすまし詐欺 – なりすまし詐欺とは、人が誰かと感情的な絆を確立するために、例えば女の子ではないのに女の子のふりをしたり、またはその逆をしたりすることを指します。子供は通常、いたずらとしてこのようなことを行うことがありますが、なりすまし詐欺を行っている人々が、未成年の猥褻な写真を収集しようとしている性犯罪者である場合もあります。

●コンテンツフィルタリング – 多くの親は子供に性的に露骨な、または暴力的なコンテンツを見て欲しくないと思っています。ペアレンタルコントロールソフトウェアを使用することで、アダルトコンテンツや年齢的に不適切なコンテンツを制限し、子供が暴力や不適切な言葉、薬物の使用に触れさせないようにすることが可能となります。

ペアレンタルコントロールアプリで、不要な心配を解消

両親や保護者が子供を心配し続けることは自然で、かつ際限のないものではありますが、彼らが必要以上に心配する必要がないように、これまで以上に優れたモニタリングとペアレンタルコントロールのサービスを提供するために日夜研究を重ねている企業が存在します。

ペアレンタルコントロールアプリで、不要な心配を解消

ノートン、カスペルスキーラボ、mSpy、TeenSafe、Bitdefender、Salfeld Computer GmbHなどが、主な企業として挙げられています。

最後に

基本的なコミュニケーションや娯楽、また教育や生産ツールに至るまですべてをインターネットに依存している子供たちを含め、インターネットはますます私たちの生活に不可欠なものになりつつあり、ペアレンタルコントロールソフトウェアの重要性は、今後ますます高まっていくでしょう。サイバーいじめやなりすまし詐欺の事件が増加しているため、親は自分の子供が何をしているか、誰と話しているか等について警戒し、慎重になる必要性が高まっているのです。