> スマホ活用小技>Google Allo レビュー

Googleのメッセージアプリ:Google Alloレビュー

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.12.09
更新: 2019.02.12

メッセージアプリ、Google AlloがGoogleに正式リリースされました。ここで、Google Alloを詳しくレビューします。主な機能を「インテリジェントチャット」として、いろんなおもしろい小機能を持つGoogle Allo は、Google I/Oがリリースされた後からずっと注目されています。操作がとても楽しいです。

シンプルで単純なインターフェイス

この前リリースされたGoogle Duoはシンプルの操作や直感的なビデオ通話体験で注目されました。Google Alloはこのデザインのスタイルを強化し、シンプル化されて、Material Designの要素も少ないです。

Google Allo Duo インターフェース

操作も非常に簡単で、アプリを開き、電話番号を入力し、ログインすればいいです。友達は、連絡先からしか追加できません。メインインターフェイスはチャットリスト以外、余分な機能がありません。

いろんなチャットアプリを使ってきたけれど、メッセージアプリがこんなにシンプルに作られるなあと感心します。

スマートリプライ機能

Google Alloの最大の特徴は、チャットの文面や相手が送ってくれた写真を分析し、自動的にチャットをリプライすることができます。

Google Allo スマート リプレイ

相手が赤ちゃんの写真を送ってくるとき、Googleは「かわいい!」「いくつ?」「おお」などのメッセージを自動的に提示してくれます。Googleは機械的な答えではなく、ユーザーのしゃべり方を学習してメッセージを生成します。

Google Allo ワンキー 英語

非常に残念なことですが、「スマート返信」は全英語の会話しかサポートしていません。つまり、Google Alloが更新される前に、ワンキーで会話できるのは外国人の友人だけです。

チャットの「音量」をカスタマイズ

テキストを入力した後、「送信」ボタンをドラッグするだけで、文字のサイズを調節できます。

Google Allo 文字 大きさ 変更

大きいな「断る!」で拒絶を表現し、小さい文字でヒソヒソするしゃべり方を表現することができます。

上にドラッグするのは、文字を大きいにして、下へドラッグするのは、文字を小さくします。

Google Assistantの内蔵

Google Alloのもう一つの特徴は、Google Assistantの内蔵です。直接会話することもできるし、友達のチャットグループで@Googleしたら、Google Assistantが現れて、みんなが会話している時、質問を答えられます。

Google Allo Assistant 内蔵 会話

Google Allo Assistant 内蔵 学習AI システム 採用 

Googleは学習AIシステムを採用し、ユーザーの位置やほかのものを分析して、最も適切な答えを探します。このAIシステムは、Google写真画像解析システムやAlphaGoのアルゴリズムで使用されています。

英語力が良好であれば、Google Assistantでレストラン、ビデオ、画像、情報、アドレス、天気、飛行機などの検索はとても便利です。

Google Allo Assistant 英語 天気 AlphaGo

Google Allo AI システム 写真画像解析システム

写真に落書きできる

写真を発送する時、直接チャット画面の下から画像を選択することや写真を撮ることができます。

おもしろいのは、写真で落書きするから相手に送ることができます。自撮りで帽子を描くことや、風景写真で虹を落書きすることなど、好きなだけこの機能を利用することができます。

Google Allo 画像 写真 落書き

どの写真も、ユニークなアートになって、実際のチャットで画像を送る体験も楽しくなります。

おもしろいステッカー

Google Alloのステッカー機能が比較的簡単で、公式のステッカーライブラリで新しいステッカーをダウンロードしかありません。

しかし、Googleが起用したアーティスト達が創作したステッカーはとても面白いです。たとえば、デフォルトのステッカーは何ものにも無関心なナマケモノです。

Google Allo ステッカー

このGoogle Allo公式サイトのロゴは、公式ステッカーのおもしろさを伝ってくれます。

Google Allo 星 ステッカー

安心な「シークレットモード」

プライベート重視なら、Google Alloの「シークレットモード」を使って、もっとプライベートのことを安全で会話できます。

「シークレットモード」では、チャットは正常でできますが、チャットの内容はすべて設定の時間で削除されます。チャット画面以外、何の画面でもチャットの内容が表示されません。明らかに、「セキュリティ」より「プライベート」がGoogleに重視されます。

Google Allo シークレットモード 設定Google Allo セキュリティ プライベート

しかし、次の点も注意してください。

まず、チャット内容は暗号化され、Googleもチャットの内容を読み取れません。ゆえに、Googleアシスタントも利用不可です。

そして、「シークレットモード」では、スクリーンショットが可能です。つまり、シークレットと言うのは、ほかのアプリに対してです。

まとめ

Google Duo の次に、Google Alloがようやくリリースされました。この二つの「未来感」があるメッセージアプリを見ると、もう一歩未来に近づけることにできたことを感じられます。

Google Duo Allo リリース 機能 未来感

Google Alloは、iOS 9.1 以降、およびAndroid 4.1以降の端末をサポートしています。iOSバージョンのサイズは81.6 MB、Androidバージョンのサイズは14.6 MBで、完全無料です。