> スマホ活用小技>Google Docs 使い方

絶賛される文書作成・編集ツール!Googleドキュメントの使い方

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.08.22
更新: 2019.02.12

Googleドキュメントと言えば、Googleの提供している文字入力Officeツールと考えられやすいです。何故かというと、Googleドキュメントは有名なマイクロソフトと互換性があります。Googleドキュメントを通じてはそのままWord、Excel、PowerPointなどのOfficeファイルを使えます。

でも、実際Googleドキュメントは複数のユーザーが共同で作業することに対応して、ユニークなファイル形式と機能も所持しているワードプロセッサです。基本的な文書編集機能を持ちますが、Googleドキュメントをただの編集ツールとみなしてはいけません。

では、Googleドキュメントを使い始めましょう!

Google ドキュメント 作成

まずはGoogleドキュメントの公式サイトへアクセスして、「Googleドキュメントを使う」を押してください。

Googleドキュメントのファイルは全部自動的にGoogleドライブに保存されますので、Googleドキュメントを使う前に、GoogleアカウントにログインしてGoogleドライブサービスを利用する必要があります。アカウントがない方は新規作成する必要があります。

Google ドキュメント ログイン

ログインが完了した後、「Googleドキュメントへようこそ」が表示されます。ユーザーは直接的にGoogleドキュメントを使い始めたり、使いガイドを閲覧したり、GoogleドキュメントのAndroid版iPhone版にアクセスしたりすることができます。

Google ドキュメント 使い方 ガイド

では、ドキュメントを作成しましょう!右下の「+」ボタンを押せば新たなドキュメントが作られます。

Google ドキュメント テキスト

Googleドキュメントで作成した文章の編集方法はWordとほぼ同じですので、Wordの使い方に慣れた人は初めてGoogleドキュメントを利用してもうまく利用できるはずです。

少々Wordと違うところと言えば、Googleドキュメントの文章は自動的にGoogleドライブで保存されますので、手動で「保存」ボタンを押す必要はありません。突然ネットが接続できなくても文章の紛失には心配無用です。

Google ドキュメント Word

Googleドキュメントでファイルを他人と共有しよう!

右上の「共有」ボタンはGoogleドキュメントのユニークな機能です。これを押せば、本ドキュメントの閲覧・編集・コメントの権限を他人と共有できます。

Google ドキュメント 共有

ボタンを押した後、二つの共有方法を選択できます。まずはリンクで共有する方法です。Googleドキュメントのリンクを通じて本文にアクセスした人はこの文章を共有できることです。

次には特定の人と共有する方法です。特定のメールアドレスや名前を入力することで特定の人と共有できます。共有者のユーザーに編集可・コメント可・閲覧可の権限を与えることもできます。

ドキュメント 共有 制限

「共有」と設定すれば、「コメント」ボタンのそばには共有者の人数を代表する動物アイコンが現れます。ドキュメント自身も「共有」アイコンが付くようになります。

ドキュメント 共有 コメント

違う編集者で変更された内容はGoogleドキュメントの変更履歴でチェックできます。

Google ドキュメント 変更履歴

ファイルをGoogleドキュメントにアップロードする方法

共有機能の利用が終わった後、左上のボタンを押して、Googleドキュメントのホームに戻りましょう。ここでは文章のプレビュー、文章の削除と文章名前の変更などの操作ができます。新しいタグで文章を開けば、違うタブで文章の編集とプレビューを同時に行うことができます。

Google ドキュメント メニュー

Googleのドキュメントで左上のボタンを押せば、次のメニューが表示されます。最下部のドライブを押せば、Googleドライブにアクセスしますので、これからドキュメントのアップロードについて説明します。

Google ドキュメント ドライブ

初めてGoogleドライブを使う場合、Googleドキュメントと同じで操作ガイドが表示されます。Googleドライブは15GBの無料容量をユーザーに提供していますので、ユーザーはこれを通じてGoogleドキュメントのファイルを保存・整理できます。

また、どのデバイスでアクセスしてもGoogleドライブに保存されているファイルを閲覧・編集できます。無料容量が足りない場合も追加容量を購入することができます。

Google ドキュメント 容量

左下の所からGoogleドライブの使用された容量を確認できます。

ドライブ 容量 確認

次には、左上の「新規」ボタンをタップしてください。リスト中の「フォルダ」をタップすればフォルダが作成できて、「ファイルのアップロード」をタップすればパソコン中のファイルを選択してからGoogleドライブにアップロードすることができます。

Google ドライブ アップロード

ちなみに、直接的にWord、ExcelやPowerpointファイルをGoogleドライブ画面にドロップしてもアップロードすることができますよ。もちろん、GoogleドライブにアップロードされたファイルはGoogleドキュメントにも反映されます。

Google ドライブ 反映

Googleドキュメントの機能は多種多様!

GoogleドキュメントはネットとGoogleドライブに依存する無料サービスですので、このサービスを活用すれば、Officeファイルを思う通りにAndroid・iPhone・パソコンなどのデバイスの間に簡単に移動することができます。チーム作業ではなくても、自分だけの文章編集には便利です。

また、Googleドキュメントはドキュメント、スポレッドシード、スライドなどのOfficeファイル形式だけではなくて、フォーム、図形描画のようなユニークなファイル形式もあります。Googleドキュメントの機能を十分に発揮をしたい方は、本記事の操作ガイドを読んだ後、早速自分で操作をやってみましょう。