> スマホ活用小技>Google Pixel レビュー

カメラが意外に性能が良い?Google Pixelレビュー

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.12.01
更新: 2019.02.12

米国時間10月4日で、PixelとPixel XL、二つの新モデルスマートフォンがGoogleにリリースされました。外見は情報とほぼ大差なしで、ハードウェアのスペックも驚くほどではありませんが、Googleに宣伝されたソフトウェアとハードウェアの融合や発表会で長時間で解説された写真機能が期待されています。今、DxOMarkランキングでは、Google Pixelの順位はトップです。

Google Pixel プレビュー カメラ 機能 搭載

PixelとPixel XLは、初の「Google Assistant」機能を搭載したモバイル製品です。この機能は、Google音声認識、人工知能と検索サービスが組み合わせたものであり、Siriの競争相手になるためのサービスです。「Google Assistant」はこの発表会の主役であると認識している人も少なくないです。

Google Pixel Assistant 発表会 期待

毎年恒例で、Googleのスマートフォン製品が期待されますが、今年の製品はさらに「Pixel」と呼び方が変更されて、この前のChromebookとネーミングが統一されました。ファウンドリー社のロゴもなくなり、Googleは自社製品を作りたい決心を見せました。ここでまずレビューを見ましょう。

ハードウエア構成:パラメータの比較

    製品名 Pixel

    プロセッサ クアルコム Snapdragon 821

RAM 4ギガバイトストレージ容量 32/128ギガバイト画面 5.0インチ 1080p AMOLEDカメラ 12.3メガピクセルのリアカメラと800万ピクセルのフロントカメラシステム Android 7.1バッテリー容量 2770mAh サイズ143.8x69.5x8.5mm価格 649/749ドル(約67619/78038円)

製品名 Pixel XLプロセッサ クアルコム Snapdragon 821RAM 4ギガバイトストレージ容量 32/128ギガバイト画面 5.5インチ 2K解像度AMOLEDカメラ 12.3メガピクセルのリアカメラと800万ピクセルのフロントカメラシステム Android 7.1バッテリー容量 3450mAhサイズ154.7x75.7x8.6mm価格 769/869ドル(約80122/90541円)

主な違いは、Pixel の画面は5インチ1080Pの解像度で、Pixel XLの画面は5.5インチで2K解像度です。Pixelのバッテリー容量は2770mAhで、大画面のPixel XLは容量がもっと大きいの3450mAhバッテリーが装備されています。

デザイン

デザインは推測とほぼ一致していますが、驚きところもあります

PixelとPixel XLの画面は、現在主流のサイズ、5.0インチと5.5インチを採用しました。ですが、端末大きさから見れば、それぞれがiPhone 7やiPhone 7 Plusより少しだけ小さいです。残念なことですが、PixelとPixel XLは比較的に厚く見えます。

Google Pixel グラス 2.5D エッジ 面取り 湾曲

iPhone 7と同じく、Pixelの正面は2.5 Dグラスに覆われています。エッジの面取りがわずかに湾曲したように研削されて、全体がよりラウンドに見えます。

Google Pixel 背面 デザイン 色合い 仮想キー 端末の正面では、Googleは頑固に仮想キーを変更せず、画面の下にはキーもロゴもなく、下の部分が長く、特に白いパネルの場合では変に見えます。

Google Pixel デザイン 背面 色合い ピクセル

去年のNexus 6Pと同じく、Pixelの背面デザインが興味深いです。色が異なる二つの色合いがあります。Googleはこのデザインについて詳細で解説していませんが、外見から見ると、Pixelの背面はおそらくアルミニウムとガラス材で作られました。

Google Pixel プレビュー 背面 デザイン 端末 指紋認証

Pixelピクセルはバックマウント指紋認証を使用し、ほとんどのスマートフォンと同じく、指紋認証モジュールは、端末の背面上方に置かれています。試した結果によると、Pixelの指紋認証速度が非常に速いです。ちなみに、PixelとiPhoneの外見はそれなりに似ていますが、Pixelのカメラは突起していないです。これは厚さと関係あるかもしれません。一部のユーザーに好意を持たせるでしょう。

カメラの性能:多分iPhone 7 Plusより優れています

PixelやPixel XLの誇りと言えば、それはカメラでしょう。Google自身も非常に自信で、発表会で力を入れて説明しました。

Google Pixel XL 誇り カメラ モデル 

二つのモデルのカメラは、スペックが同じく、前のカメラは800メガピクセル、後ろのカメラは1230万(F2.0絞り)画素領域は1.55μmに達して、ほとんどのスマートフォンより優れています。

Google Pixel Nexus 光学 カメラ 画質

Nexus 6Pには光学式手ぶれ補正機能がなくても、見事な画質をもたらしてくれましたが、PixelとPixel XLも同じく光学式手ブレ補正が欠如しています。、機械内部のコイルによって揺りを検出し、電子式ぶれ補正機能を提供するんだと、Googleが述べました。

Google Pixel HDR+ カメラ 鮮やか 写真 インテリジェント 連続撮影

カメラアプリにはHDR +機能が内蔵され、より明るく鮮やかな映像を提供し、人の目が好きになるような写真が映します。

Google Pixel ソフト ハードウェア 高速 撮影 画質 連続

また、このカメラは、インテリジェントなサンプル選択機能を提供し、連続撮影した写真で最高品質の一枚を選択することができます。

Google Pixel XL ソフト 融合 高速 撮影 逆光

そのほか、ソフトウェアとハードウェアの融合で、高速移動体を撮影しても、ユーザー所望の効果をより容易く得て、インパクトな一瞬を記録します。

Google Pixel 撮影 カメラ パフォーマンス 画像 写真

サンプルから見ると、PixelとPixel XLのセンサーは、前の機種Nexus 6Pの利点の継承し、逆光シーンを撮影しても、暗いパフォーマンスは依然として良好です。

ハードウェアパフォーマンス:Snapdragon 821はちょっとだけがっかりします

PixelとPixel XLは同じくSnapdragon 821を搭載し、4GB RAM+32/128GB ROMと組み合わせて、6GB RAMのスペックがなくても、今のAndroidスマートフォンでは性能がいいほうで、ほとんどのユーザーのニーズを満足できるでしょう。

Google Pixel Snapdragon 搭載 スペック Android スマホ

CPU はKryo 4コアですが、このモデルのCPUは通常バージョンのSnapdragon 821の性能よりやや低く、2x2.15GHz + 2x1.6 GHzの組み合わせです。

Google Pixel 急速充電 性能 CPU

そのほか、Pixelは急速充電機能をサポートしています。理論的には、15分の充電で7時間の使用を満足できます。

まとめ

Google Assistantやほかのインテリジェント端末があるので、PixelとPixel XLのチャーミングポイントが減るかも知れません。しかしGoogleの次世代端末として、Android端末のなかで、PixelとPixel XLも独自のユニークな魅力を持っています。

ソフトウェアの利点はもちろん、ハードウェアの面でも単なる高いスペックではなく、ソフトウェアとハードウェアの融合も重視されています。最適化されたカメラ機能からも見える改善ですので、この真剣さは賞賛に値します。しかし、この価格はユーザーのブランドへの信頼が必要になるでしょう。