> スマホ活用小技>Google Play アワーズ 2016 紹介

初のGoogle Playアワーズ!受賞アプリを紹介

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.06.28
更新: 2019.03.26

今年Googleは「Google Play Awards」(Google Play賞)を開催しました。年度作品を選出し、受賞作をデベロッパーカンファレンスI/Oで発表します。

では、これらの受賞作を紹介したいと思います。

Google Playアワーズ

    2016年度ベストアプリ:Houzz


Houzz Houzzのメニュー

今年の「ベストアプリ」賞は、「インテリア・デザイン」のために生まれたHouzzに授与しました。

数万枚のハイクォリティーのインテリアデザイン写真を収録している上、Houzzはテクノロジーを通してユーザーのためにインテリアデザインの新しいスタイルをもたらしました。部屋の写真を撮るだけで、家具の配置をシミュレートすることができ、完成図を見えます。

HouzzはiOS 8.2以降のiPhoneとiPad、およびAndroid 4.0以降の端末をサポートします。iOSバージョンは45.5メガバイト、Androidのバージョンは23メガバイトで、完全無料です。

    優秀スタートアップ賞:Hopper


Hopper Hopperのメニュー

「旅行ビッグデータ」で有名になったHopper社は、チキット予約サービスを提供しはじめました。

普通の観光客に対して、チケットの価格は天候のように読みづらいです。航空会社の公式ウェブサイトでチケットを予約する体験も快適とはいえません。対してHopperアプリでチキットを予約するのはとても簡単でわかりやすいです。Hopper公式の宣伝により、Hopperはビッグデータを通して、40%のチキット料を節約することができるそうです。

HouzzはiOS 8.0以降のiPhoneとAndroid 4.2以降の端末をサポートします。iOSバージョンは24.8メガバイト、Androidのバージョンは14メガバイトで、完全無料です。

    ベストMaterial Design:Robinhood


Robinhood Robinhoodのメニュー

Robinhoodのデザインは株式取引アプリとして信じられないほど美しです。実は2015年で、このアプリは既にAppleのデザイン賞を受賞しました。Material DesignはGoogleに導入されました革新的なスタイルのUI仕様です。モダンなスタイルを保つ上で、操作でのユーザー体験を重視します。Robinhood はMD仕様を完璧に従うだけではなく、率先してAndroid Wearをサポートしました。

Google公式のGoogle Designガイドサイトもこのアプリのチームをインタビューし、色、フォント、デザインなど、様々な側面から、このアプリのデザインアイデアを解釈しました。

Robinhood はiOS 7.0以降のiPhoneとAndroid4.1以降のデバイスをサポートし、iOSバージョンは21.1メガバイト、Androidバージョンは14メガバイトで、完全無料です。今は米国App Store限定です。

    ベスト革新的なアプリ:NYT VR


NYT VR

誰しも「コールオブデューティ」のVR画面に興味を持たないかもしれませんが、シリア難民キャンプや攻撃された後のパリの町に身を持って体験するのは、インパクト的でしょう。

このアプリで、ニューヨーク・タイムズは、VR技術を通じてこのような新しいニュース報道の形式を築けました。VR技術は十分ではないかもしれないですが、これは間違いなくニュース界で最も革新的な試みです。

NYT VRは、iOS 8.0以降のiPhoneとAndroid 4.3以降のデバイスをサポートします。iOSバージョンは20メガバイト、Androidバージョンは19メガバイトで、完全無料です。

    ベストインディペンデントゲーム:Alphabear


Alphabear Alphabearのメニュー

Alphabear」は英語スクラブルクイズゲームです。クイズを解けて、かわいいクマを手にいれます。ユニークな画風と革新的なゲームプレイ、ゆっくり遊んで愛らしいクマを集めます。「暇つぶし」系のインディゲームとして本当に素晴らしいです。

Alphabearは、iOS 7.0以降のiPhoneとAndroid 4.0.3以降のデバイスをサポートします。iOSバージョンは71.3メガバイト、Androidバージョンは41メガバイトで、完全無料です。

    アーリーアダプター賞:World Around Me


World Around Me World Around Meのメニュー

World Around Meの機能

ARカメラで、旅行者に近い食事、ホテル、面白い観光ポイントをおすすめします。カメラを開けるだけで、レンズのなかでおすすめスポットを見つけることができます。

マップを見るよりも、レンズを見て探すの方がずっと便利です。

World Around Meは、iOS 7.0以降のiPhoneとAndroid 4.1以降のデバイスをサポートします。iOSバージョンは21.1メガバイト、Androidバージョンは17メガバイトで、完全無料です。

それ以外も、4作品が受賞しました。クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)(ベストゲーム)、Thinkrolls 2(ベスト家族ゲーム)、Table Tennis Touch(ベストGoogle Playサービス)、ポケトル スマホ版(ベストグローバルゲーム)、この4つです。

また、ノミネートされたアプリの中にも、「ねこあつめ」「Fabulous」「This War of Mine」「Musixmatch」などの名前があり、素晴らしいアプリがたくさんあります。

Googleがはじめて開催したアプリ賞ですけど、その受賞作は驚くのクオリティーでした。Androidユーザーとしては嬉しい限りです。