> スマホ活用小技>Google Play Protect

Android向けの「Google Play プロテクト」が提供開始

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.11.07
更新: 2019.03.26

Googleは現地時間7月19日より、有害なアプリやマルチウェアを24時間監視するセキュリティサービス「Google Playプロテクト」が提供開始となりました。

Androidシステムは極めて高いインストール率を持っています。ですから、マルウェアであろうとトロイの木馬であろうと、総数量が他のプラットフォームより多いのです。たくさんのマルウェアが第三者アップリストアで端末に感染する可能性が高い同時に、Google Playでダウンロードすることによって感染する可能性もあります。Androidのセキュリティを高めるために、Googleはセキュリティーサービス「Google Play プロテクト」を提供開始、これでバックグラウンドでマルウェアがあるかどうかを自動的にチェックできます。

Google Play Protect サービス

一、「Google Play Protect」の詳細

1、Google Play プロテクトは24 時間休みなく自動的にスキャンすることによって、端末のセキュリティを保ちます。Google Play の全てのアプリ デベロッパーも真剣に審査し、ポリシーに違反したデベロッパーを利用停止にしています。

2、端末を紛失してしまった場合は、Google アカウントにログインして端末の位置をロックできます。また、ブラウザが端末の着信音を鳴らす機能もあります。その他、遠隔操作でスマフォンの画面をロックしたり、スマフォンがロックされたままで画面にメッセージを表示して端末の持つ人に連絡先を知らせたりもできます。もしかすると、端末をなかなか見つけない場合、プライバシーのセキュリティを確保するため、端末上の全データを削除することもできます。

3、危険なサイトにアクセスする場合、警告メッセージが表示され、ユーザーは安全な場所へ案内します。

二、「Google Play Protect」サービスの利用方法

1、スマフォンの設定を開いて、「Google」をクリックします。その下で「セキュリティ」を選びます。

Google Play Protect セキュリティ

2、次に、セキュリティの画面からGoogle Play プロテクトをクリックすれば、サービスの詳しい情報が表示されます。

Google Play Protect 安全

Android OreoとGoogle Play Protect

ついでに2017年8月22日よりリリースしたAndroid8.0では「Google Play プロテクト」が利用可能です。スマホの中には有害なアプリやウィルスなどがあることに心配するユーザーは、このきっかけを通じて、携帯をAndroid 8.0にアップデートしてAndroid Oreoの新機能と新サービスを体験してはどうですか?