> スマホ活用小技>Google Keep 使い方

メモアプリGoogle Keepの使い方

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.07.26
更新: 2019.02.12

Google KeepはGoogleに開発されたメモアプリとして、リリースから注目されています。iPhoneにはプリセットのメモアプリがあるように、AndroidでもGoogle Keepを利用して、todoリストを作成したり、クラウドにアップしたりできます。では、このメモアプリの使い方を紹介しましょう。

一、メモを作成する方法


Google Keepのメイン画面でメモを入力することができますので、メモを作るのはとても便利です。「メモを追加」をタップし、文字を入力して確認すればメモが作成されます。

また、右下にあるリストアイコンをタップすれば、todoリストを作成することができます。完成した項目にチェックを入れて、やりたいことを便利に記録することができます。他にも、音声でメモを取ったり、写真を撮ったりするとこもできます。

メモを作成

二、色の変更や通知を設定する方法


メモを入力する画面で、右下のメニューボタンをタップすれば、色の変更が可能です。好きな色を選んたら、そのメモの色が変更されます。

色の変更 メニュー タップ

通知を設定する場合、右上の手アイコンをタップします。

手アイコン タップ

これで、時間や場所の通知を設定することができます。場所の通知は、特定な場所に行った時通知します。

時間の設定は、日付や時刻を設定することができます。

三、アーカイブで整理する方法


Google Keepのメモがたくさん貯まると、メモを見つけるのは面倒なことになります。ですから、トップ画面で不要なメモを隠して、必要な時だけ見つけ出す機能があります。その機能はアーカイブです。

トップ画面のメモを長押しして、選択の状態になったら、上でメニューバーが表示されます。そこで右上のメニューボタンをタップし、アーカイブアイコンが表示されます。

メニュー タップ

これで、選択されたメモがアーカイブされ、トップ画面から消えます。そのメモを閲覧したい時、左上のメニューアイコンをタップし、アーカイブを選択すればいいです。

アーカイブ 選択

また、画面の隅へそのメモをスワイプすれば、簡単にアーカイプできます。

四、タグで整理する方法


メモを入力する画面で、下のラベルをタップすれば、ラベルの編集・追加することができます。

ラベル タップ 編集・追加すること でき

これはラベルの編集画面です。追加したいラベルを選択すれば、そのラベルがメモに付きます。

編集画面

トップ画面で左上のメニューボタンをタップし、そのメニューでラベルを見つけられます。ラベルをタップすれば、そのラベルが付いているメモが全部表示されます。

ラベル タップ

五、PCでの閲覧


    Google KeepはPCバージョンがありますので、PCでの閲覧・編集も可能です。PC版をアクセスするには、Google Keep のPC版をブラウザから開けて、Googleアカウントでログインすればいいです。そのために、Googleアカウントを作成する必要があります。

PCでの閲覧