> iPhone裏技>iTunes カード 使い方

簡単解説!iTunesカードの使い方

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.08.03
更新: 2019.06.25

iTunes StoreやApp Storeでコンテンツを購入する時、クレジットカードで支払うことが多いです。クレジットカードを持っていない場合、iTunesカードを購入し、Apple アカウントで登録します。ここで、iTunesカードの使い方を紹介します。

iTunes Store

iTunes Cardを使う前、まずはカード裏面のコードを確認してください。裏面に印刷されているラベルをこすりとって、隠れている16桁のコードが現れます。

iTunes Card

一、iPhoneでiTunesカードを使う方法


iPhoneで、iTunes Store、App Store、または iBooks Storeを開きます。iTunes Cardの金額はApple IDに登録されますので、Appleのサービスならだいたい通用します。「おすすめ」をタップし、一番下にスクロールして、「コードを使う」をタップします。

コードを使う タップ

ここで、「カメラで読み取る」をタップし、iPhoneのカメラでカードの裏面を読み取ります。「コードはキーボードでも入力できます」で、カードのコードを入力してもいいです。Apple IDをサインインしていない場合、サインインする必要があります、ご注意ください。

カードのコード 入力

これで、iTunes Cardの入力が成功しました。登録された残高で、iTunes Store/App Storeで音楽、映画、アプリを購入することができます。

二、iTunesでiTunesカードを使う方法


Mac または Windows パソコンでiTunesを起動し、Apple IDでサインインします。iTunes上のメニューバーで、「アカウント」メニューを開けて、「コードを使う」をクリックします。

アカウント 開け コードを使う クリック

iTunesカードの裏面に記載されている16桁のコードを入力し、「iTunes Card/コードを使う」をクリックします。

iTunes Card/コードを使う クリック

これで、iTunesカードが成功に登録されます。「終了」をクリックすればいいです。

終了 クリック

使い方はとても便利なので、クレジットカードを利用したくない方にはおすすめです!