> iOSデータバックアップ・復元>iPad バックアップ

データ確保!iPadのバックアップ方法

編集者: 橋本 学
日付: 2018.10.11
更新: 2019.03.26

iPadを使って本を読んだり、音楽を聴いたりすることはよくありますよね。その使い慣れているiPadがもし不具合や故障が発生した時、データを紛失されないようにしたければどうすればいいかご存知でしょうか。そう、常にバックアップを取ることが大事です。バックアップさえあれば、iPadに何が遭ってもバックアップファイルからちゃんとデータを取り戻せることだから。

バックアップツールといえばまず考えられるのは当然、Apple会社のiTunesですね。iTunesでiPadやiPad Mini等のデバイスをバックアップするには便利だが、復元する時元のデータを上書きしなければならないという欠点もあります。今日はここで一つiTunes以外のバックアップソフト、「iOSデータバックアップ・復元」を皆に紹介したいと思います。

「iOSデータバックアップ・復元」でiPad、iPad Miniをバックアップする手順

ステップ1 ダウンロード&インストール

ダウンロードボタンを押せば無料でWindows版やMac版のインストールパッケージをダウンロードしてインストールすることができます。ソフトの安全性は検証すみで、安心してダウンロードしてください。

ステップ2 機能選択

次にはソフトを実行して、「iOSデータバックアップ・復元」>「iOSデータバックアップ」の順で進んて、そしてバックアップしたいiPadをパソコンへ接続します。場合によっては、正確にiPadを認識する為、iPad側でパソコンを信頼すると選択する必要があります。

バックアップ メイン画面

ステップ3 バックアップモード選択

「iOSデータバックアップ・復元」には通常のバックアップモード以外、暗号化バックアップモードもあります。どうぞご需要によってバックアップモードを自由に選択してください。

ご注意:安全性の為に、掛けられるパスワードを忘れる場合でバックアップファイルからデータを復元することは不可能になります。暗号化してデータをバックアップする方はちゃんとパスワードを覚えてください。

バックアップ 開始

ステップ4 データ選択

次に表示される画面で、バックアップできるデータはカテゴリ別で見えます。ここでバックアップしたいデータのみを選択しても全てを一括して選択するもできます。選択完了後「次へ」をクリックしたら保存先を決めるウインドウに入ります。そこでバックアップファイルを保存したいパスを設定して、「バックアップ」ボタンでバックアップを開始しましょう。

バックアップ データ 選択

ステップ5 バックアップ完了

最後に、バックアップが成功に完了するウインドウが表示されます。この画面で「もっとバックアップ」を押して複数のバックアップファイルを取るのも可能です。隣の「iOSデータ復元」ボタンをクリックしたら、既存なバックアップファイルが表示されます。その中から復元したいのを選んでデータを復元することができます。

バックアップ 完了

以上では「iOSデータバックアップ・復元」の力を借りてiPadをバックアップする方法の紹介でした。軽くて機能強く、簡単な操作通じて確実にiPadのデータを確保したければどうぞこの「iOSデータバックアップ・復元」を試してください。既にiTunesやiCloudでバックアップしたが、丸ごとでバックアップファイルを復元したくない、一部のデータを選択して取り出したい方は「iPhoneデータ復元」がオススメです。バックアップも復元も、専門なソフトでやれば楽にできます。