> iPhoneデータ復元>iPadデータ復元

iPad復元:iPadから消えてしまったデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.01.28
更新: 2019.03.26

iPadはAppleのタブレット端末です。パソコンより持ち運びやすさやiPad専用アプリのクオリティの高さと多様性などの良い点は多くの人の目を引きました。また、iPadでビデオを見たり、写真を撮ったり、メモを書いたりすることも楽しみです。若しiPadのデータは消えてしまった時、バックアップから復元すると、不明なエラーで復元できません。この時、どうすればいいですか?

この時、「iPhoneデータ復元」がお薦めです。このソフトはiPhoneのみならず、、iPad・iPod touchのデータを復元することができます。バックアップから復元できない場合に、このソフトでデータを抽出できます。その上、直接iPad本体からデータを復元することも可能です。下記のボタンでWindowsとMacバージョンを無料ダウンロードできます。

モード1 iOSデバイスから復元

ステップ1 「iPhoneデータ復元」を起動したら、iPadとパソコンをケーブルで繋ぎます。それから、「スキャン開始」をクリックしてから、iPadデバイスを分析し始めます。

iPad 復元

ステップ2 デバイスを分析した後、すぐスキャンモードに入ります。スキャンの結果にiPadのデータがすべてカテゴリに分けられています。それぞれカテゴリのデータを確認することができます。

iPadデータの復元

ステップ3 右に赤い色で表示されていると、消えてしまった物です。それを復元したいと思ったら、下の「復元」ボタンをタップすればいいです。

iPad本体からデータを復元

モード2 iTunesバックアップファイルから復元

ステップ1 このモードを使う場合、iTunesでバックアップファイルを作成することが必要です。作成があるなら、画面のようにバックアップしたファイルが表示されます。復元したいバックアップを選んで、「スキャン開始」をクリックします。

iTunesバックアップからiPadデータを復元

ステップ2 スキャンが終わったら、復元可能なデータはプレビューの画面で表示できます。復元したいのをチェックした後、「復元」を押します。

iTunesバックアップからiPadデータを復旧

モード3 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 iCloudでバックアップを取ったことがある方、このモードがお薦めです。iCloudからデータを抽出できます。まずは「iCloudバックアップファイルから復元」を選択して、IDとパスワードを入力します。

iCloudバックアップからiPadデータを復元

ステップ2 サインインしたら、このアカウントでバックアップしたファイルがすべて示されます。復元したいファイルを選択して、「ダウンロード」をクリックします。

iCloudバックアップからiPadデータを復旧

ステップ3 登録した後、復元したいデータをチェックしてください。確認ができたら、「復元」ボタンを押して、パソコンに復元します。

iCloudバックアップからiPadを復元

ご注意:消えてしまったデータを復元したいなら、一刻も早くやったほうがいいです。使い続けるとストレージはどんどん新しいデータで上書きされていって、ファイルの復活確率は下がる一方となります。