> iPhone裏技>iPhone 6s

サプライヤーが「確認」した!iPhone 6sは感圧タッチ搭載決定?!

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.06.05
更新: 2019.06.25

iPhone 6s

iPhone 6sに期待される新機能などがずっとリークされています。その中、特に感圧タッチ(Force Touch)のサポートはiPhone 6sの注目点と見なされています。現在、サプライチェーンからの情報により、iPhone 6sは感圧タッチを搭載することを再び確かめました。台湾メディアにより、最近フォックスコン社傘下のタッチパネルメーカー(GIS)は、次期iPhoneが新しいタッチ技術を使用することを表示したそうです。

Apple Watchや新型MacBookなどに搭載れています感圧タッチは、iPhone 6sにも搭載されると噂になっています。以前の情報では、5.5インチ版(iPhone 6s Plus)にのみ搭載されると伝えれていたが、今4.7インチ版(iPhone 6s)にも搭載可能になります。

また、台湾メディアでは、iPhone 6sはもっと薄くなり、今の6.9mmから0.2mm薄型化し、6.7mmになるようです。それに、A9プロセッサを搭載し、カメラの規格も全面的にアップグレートします。メインカメラは800万画素から1200万画素にアップし、前置シーンは過去の200万画素から500万画素まで引き上げると噂されています。