> iPhoneデータ復元>バックアップからiPhoneデータの抽出

バックアップからiPhoneデータを抽出する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.06.27
更新: 2019.06.25

iPhoneのバックアップには、iCloudを利用したネット上にバックアップする方法とパソコン上にiTunesでバックアップする方法の2つの方法があります。新しいiPhoneへデータの移行するとき、容量の違いで、データがオーバーしすぎなら、iPhoneデータの抽出が必要ですね。iPhoneが失ったり、壊れたり、他のタイプの携帯を買ったりする時も、バックアップからiPhoneデータの抽出が多くのiPhoneユーザにとって必要ですね。

で、どうやって抽出するのですか。ここで紹介するのは「iPhoneデータ復元」というソフトです。iPhoneの写真や、連絡先、メモ、音楽、メッゼージ、ボイスメールなどが抽出できます。下記の手順を従って、データを楽に抽出できます。

ヒント:バックアップからデータの抽出したいなら、iPhoneのバックアップや、同期することがなるべくしないほうがいいです。前にバックアップのデータが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。そして、ソフトを購入する前は、無料版を使って、復元したいデータが残るかどうかの確認が必要です。

モード1. iTunesバックアップファイルから復元

このモードの使用するなら、このデバイスが以前iTunesでバックアップをしたことが必要です。ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始iTunesのバックアップファイルが表示されています。正しい時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンを押します。

バックアップ データの抽出

ステップ2 プレビュー、データの抽出すべてのデータがスキャンした後、抽出したいデータを選んで「復元」ボタンをクリックします。グリックした後データがPCに保存できます。

バックアップからiPhoneデータの復元

モード2 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 Apple ID のサインインこのモードはApple IDとパスワードを入力するのが必要です。IDとパスワードを正しく入力してください。

iPhoneデータの復元 抽出

ステップ2 バックアップファイルのダウンロード最終バックアップの時間が表示されています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

iPhoneデータの抽出 バックアップ

ステップ3 iCloudのバックアップの分析、データの抽出iCloudのバックアップをスキャンしています。しばらくお待ちください。ここで、iPhoneの大部分のデータがプレービューできます。

iPhoneデータの抽出 icloudから

復元したいデータを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

バックアップからiPhoneデータの抽出復元

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。