> iPhone裏技>iPhone 電源 入らない

iPhoneの電源が入らない場合の対処法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.05.31
更新: 2019.06.25

iPhoneやiPad、iPodを使うとき、突然画面が黒くなって、電源を押しても反応しない、起動しない場合、どうすればいいでしょうか?

iPhone/iPad/iPodが起動できない問題の原因はたくさんあります。例えば、ハードウェアがデータの処理がつかない場合、フリーズして、画面が真っ黒になります。あるいは、iPhoneが落ちて物理的に衝撃されたら、何らかの故障が発生するかも知れません。なので、解決案もたくさんありますから、いろいろ試しましょう。ここで、iPhoneの電源がつかない問題の解決案をまとめてみました。よければ、是非参考してください。

一、電源ボタンを長押しします。

電源ボタンを一瞬押すだけでは、オフ状態のiPhoneが起動しません。長押しを試しましょう。簡単ですが、意外とこれだけで解決した人もいます。

二、充電します。

電池がきれている場合、画面が真っ黒になる場合もありますので、充電も試してください。電池切れの場合、ある程度充電したら赤い電池のマークが表示されます。反応しない場合、充電ケーブルが破損・故障しているかどうかを確認しましょう。

iPhone 電池 破損 確認

三、iTunesに接続します。

電源ボタンが故障している場合、電源ボタンを押してもiPhoneを起動できませんが、iTunesに接続したらiPhoneの電源が自動的にオンになります。

ご注意:自動同期をオンにしている場合、iTunesによる同期が始まる可能性があります。予め設定を確認してください。

四、強制起動法

電源ボタンとホームボタンを10秒間同時に長押しします。そうすると、リンゴマークが強制的に表示されます。フリーズした時もこの方法で対処できます。

五、「iOS システム 修復」でiPhoneを復元します

いろいろ試しても解決できない場合、ソフトウェアの故障が考えられます。「iOSシステム修復」というソフトは、iPhoneが起動できない問題だけではなく、リンゴループ、レットスクリーンなどいろいろな問題を修復できます。操作する手順も簡単で、見ればわかります。ここでiPhoneを修復する方法を詳しく紹介しましょう。

ステップ1.ソフトをダウンロードして、インストールします。そしてソフトを起動し、iPhoneをパソコンに接続します。

iOS システム 修復 ボックス

ステップ2.ソフトのメイン画面で、左で「その他のツール」を選択します。そして右側の「iOSシステム修復」をクリックし、次の画面で「スタート」を選択し、確認します。

iOS システム 修復 スタート

ステップ3.iPhoneのリカバリーモードに入ります。

iPhone システム リカバリーモード

iPhoneを修復するには、リカバリーモードに入る必要があります。ですから、ソフトで表示されるステップに従って、リカバリーモードに入りましょう。

iPhone 7/7 Plusの場合:

パソコンに接続したままの状態でスリープボアンと音量「-」ボタンを長押しします。iTunesのロゴが表示されるまで離さないでください。

IPhone 6シリーズの場合:

パソコンとiPhoneの接続を解除し、iPhoneの電源を切って、ホームボタンを押しながらパソコンとUSBケーブルで再接続します。ITunesのロゴが表示されると成功でリカバリーモードに入ります。

ステップ4.iPhoneのファームウェアパッケージをダウンロードします

ここで、デバイスのシステム情報が自動的に検出されますので、それらを確認しましょう。自分のデバイス情報と一致している場合、「修復」をクリックして、ファームウェアパッケージのダウンロードを始めましょう。

iOS システム 機種 確認

ステップ5.iPhoneを修復します。

ダウンロードが始めると、ソフトが自動的にiPhoneの修復を行います。修復が完了すると、iPhoneの状態が復元するはずです。

iOS システム 修復 実行

ヒント:

1.この操作は、iOSのバージョンを最新版にアップデートします。

2.脱獄状態のiPhoneは入獄状態に戻ります。

3.ロックされたデバイスは修復後ロックされます。

六、iTunesで復元します

ステップ1.iTunesを最新バージョンにアップデートし、起動します。

ステップ2.上記方法でiPhoneのリカバリーモードに入ります。

ステップ3.iTunesがiPhoneを自動検出し、アップデートまたは復元を要求します。ここで、「復元」ボタンをクリックしたら、iTunesがiPhoneを初期化し、問題を復元します。

iPhone iTunes 復元

ヒント:

この方法ではiPhoneが工場出荷状態になりますので、あらかじめデータをバックアップしましょう。

iPhoneデータ復元

以上で、iPhoneの電源が入らない問題を解決する方法を紹介しました。もしiPhoneが復初期化されて、大事なデータがなくなってしまった場合、「iPhoneデータ復元」がおすすめします。音楽、画像、連絡先など、iPhoneで保存されたデータが失った場合、このソフトで復元できます。