> iPhone裏技>アプリ ダウンロード できない

iPhoneアプリのダウンロードが遅い・ダウンロードできない時の対処法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.07.27
更新: 2019.03.26

iPhoneを使っていると、アプリのダウンロードが遅い・ダウンロードできないことはたまにあるでしょう。ネットワーク環境の原因が多いですが、早くダウンロードしたい場合は焦ります。ここでApple Storeでアプリをダウンロードできない問題の対処法について紹介します。

一、再起動する

たまには、iPhoneで原因不明な不具合が発生します。こういう時、再起動でだいたいの問題を解決できます。この問題以外のドラブルも解決できますので、使いやすい小技です。

アプリ ダウンロード 再起動

二、ネットワーク通信をオン・オフにする

キャリア通信を利用する場合、ネットワークには不具合が発生したかもしれません。ここで一度モバイルデータ通信をオフにして、数分待てからもう一度オンにします。

アプリ ダウンロード ネットワーク

三、Wi-Fiに切り替える

モバイルデータ通信は一時的に不具合が発生して、あるいは制限されて、上手くダウンロードできないかもしれません。Wi-Fi通信に切り替えて試しましょう。

アプリ ダウンロード 設定

四、Wi-Fi通信をオン・オフにする

Wi-Fi通信を使っている場合、Wi-Fiの接続を一度切断して、もう一度オンにしましょう。

アプリ ダウンロード 通信

五、Apple Storeを終了し、再起動する

アプリには不具合が発生する可能性もありますので、Apple Storeのアプリを一度終了しましょう。アプリの終了は、ホームボタンを早めに2回連続押して、マルチテスク画面を開けます。そしてApple Storeアプリを上にスライドし、終了します。後でもう一度Apple Storeアプリを開けるといいです。

アプリダウンロード App Store

六、App Storeから一度サインアウトする

App Storeには不具合が発生した場合、App Storeから一度サインアウトして、再びサインインする方法は有効です。

App Storeの「おすすめ」画面で一番下にスクロールし、「Apple ID」をタップしてサインアウトします。そしてここでもう一度サインインできます。

アプリ App Store サインイン

七、少し時間を置いてみる

ネットワックやアプリストアのサーバーには不具合が発生した場合、そのまま待てば直す可能性があります。もし一日経っても変わらない場合、自分のiPhoneには何か不具合がある可能性が高いです。

八、iOSを最新バージョンにアップデートします

iOSが最新バージョンに更新されていない場合、「設定」>「一般」で、iOSを最新バージョンにアップデートしましょう。

アプリ App Store アップデート

九、ほかのアプリをダウンロードしてみる

どうしてもダウンロードできない場合、ダウンロードできない原因がアプリの方かもしてません。ほかのアプリをダウンロードして、ダウンロード機能を試しましょう。

十、iPhoneを初期化する

どうしても解決できない場合、iPhoneのシステムにはなにか重大な不具合が発生したかもしれません。その不具合を解決するには、一度初期化を試しましょう。初期化したら、iPhoneに保存されているすべてのデータが削除されますので、初期化する前に、iPhoneのバックアップを取りましょう。

以上で、iPhoneアプリのダウンロードが遅い・ダウンロードできない問題を解決する10個の方法を紹介しました。以上の方法でも解決できない場合、Apple公式サポートセンターに連絡しましょう。近くにApple Storeがあったらそっちに行けばいいですが、不便の場合、Appleコールセンター(0120-277-535)に電話しましょう。