> iPhone裏技>iPhone キーボード 設定

iPhoneのキーボードを設定する4つの小技

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.07.12
更新: 2019.03.26

    iPhoneで入力する時、自分なりにキーボードを設定すれば、文字入力の環境がもっと快適になります。それだけでも、効率が上がり、時間や手間を短縮できます。今回は、、おすすめのキーボード設定をいくつか紹介しようと思います。もし使えそうなら、早速設定して、入力の手間を省けましょう。

    一、不要なキーボードを削除


「設定」を開けて、「一般」をタップします。その中で「キーボード」を見つけて開けます。

不要なキーボード 左にスワンプして削除

ここで不要なキーボードを左にスワンプして削除することができます。これで、キーボードを切り替える時、もっと早く欲しいキーボードに切り替えられます。

画像のように、日本語(フリック)と英語のキーボードだけを残しましたので、一回タップするだけで切り替えます。

一回タップ 切り替え

ちなみに、外国語などを入力したければ、下の「新しいキーボードを追加」で、キーボードを追加することができます。

英語キーボードをタップすることで、キーボードの配列を変更することもできます。

キーボードの配列 変更

    二、入力を「フリックのみ」に設定します


「フリックのみ」をオンにすれば、かなキーボードで数回同じかなを入力しても変換されないです。「あああああ」みたいに入力する時は便利です。

フリックのみ オン

キーボードの設定で、「フリックのみ」をオンにすればいいです。

フリックのみ オン

    三、自動修正をオフにする


自動修正機能がオンの場合、入力された英文が自動でチェックされて、正しい英単語に変えられます。ロマ字などを入力する場合も変えられてしまうので、オフにするほうをおすすめします。

自動修正

オフにする方法は、「キーボード」設定で、「自動修正」をオフにします。

    四、スペルチェック


自動修正との違いは、スペルチェックが正しい英単語を表示し、自動修正ではありません。ですから、英語を入力する時は便利です。

正しい英単語を表示 自動修正ではない

スペルチェックをオンにするには、「キーボード」設定で、「スペルチェック」をオンにします。

ほかにもキーボード設定があります。自分の習慣に応じて設定すると便利なことになりますので、いろいろお試しください。