> iPhone裏技>Safari プライベートモード

Safariのプライベートモードでサイトを閲覧する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.09.06
更新: 2019.03.26

iPhoneのブラウズでサイトを閲覧する時、閲覧履歴が残されます。閲覧履歴を残したくない場合、もちろん閲覧履歴を削除してもいいですが、もっと便利な方法があります。それはSafariのプライベートモード(シークレットモード)です。

    プライベートモードで、閲覧したサイトの履歴が残されません。Cookieや検索履歴も同じです。人に知られたくないサイトを見る場合、これを活用することがおすすめします。

では、プライベートモードを使う方法を紹介します。

まず、Safariを起動し、右下でタブ切り替えのアイコンをタップします。

Safariを起動右下でタブ切り替えのアイコンをタップ

そして、左下の「プライベート」をタップすれば、ブラウズのプライベートモードに切り替えます。

プライベート タップ

完了をタップし、プライベートモードのタブを開けます。

プライベートモードのタブ 開け

プライベートモードでは、画面の上下が灰色で表示されます。プライベートモードではない場合、白色で表示されます。これで、切り替わったかどうかを確認できます。

白色で表示され

プライベートモードを解除したい場合、もう一度右下のタブを切り替えるアイコンをタップし、左下の「プライベート」をタップし、「完了」をタップすればいいです。

完了 タップ

プライベートでは、もちろんSafariのデータが残されません。iCloudで別の機種とタブ共有することもないので、家族に見られる心配もありません。ですが、Cookieも保存されないので、サイトのログイン情報やほかの情報も保存されません。こういう時は入力し直す必要があります。