> iPhone裏技>iTunes ファミリー共有 設定

iTunesのファミリー共有を設定する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2018.03.09
更新: 2019.08.10

iOS 8の新機能として、「ファミリー共有」が導入されました。この機能により、Apple IDとパスワードを共有しずに、家族間で購入したアプリや音楽、映画などのコンテンツを簡単で共有できます。1つのアカウントで購入すると、最大6アカウントが利用できますので、みんなで同じアプリを購入する場合はお得です。そのほか、写真やカレンダーも簡単でシェアできます。ここで、ファミリー共有の使い方を紹介しましょう。

iTunesのファミリー共有とは?

ファミリー共有とは、iTunes Store、iBooks StoreやApp Storeで購入したコンテンツやアプリ、家族のカレンダーや写真を家庭成員の間で共有できるサービスです。この機能を利用すれば、アカウントを共有しなくても、最大6人の家族の間でコンテンツを無料で共有できます。

1人の大人が管理者になれば、家族みんなの購入を管理できます。設定が完了すると、家族が購入したコンテンツは全部無料でダウンロードできます。

ファミリー共有のメリットとデメリットは?

ファミリー共有の一番大きいなメリットは、同じApple IDを使わなくてもコンテンツを共有できます。同じApple IDを使うと、混乱が起こることが多いです。例えば、アカウントを変更すると、アプリの更新がうまくいかない場合もあります。この点については、ファミリー共有は安心です。

そのデメリットは、1人の管理者は家族5人まで招待することができますので、知らない人が勝手にファミリー共有に参加する心配はあります。家族を招待するには、必ず管理者の同意が必要なので、ちゃんとチェックすれば大丈夫のはずです。

もう一つのデメリットは、家族が使う支払い方式は管理者が登録したクレジットカードしかありませんので、お子様が勝手に有料コンテンツを購入するリスクはあります。元々13歳未満の子供はApple IDを作れませんが、ファミリー共有を利用すれば、管理者の同意下で作れるようになります。ここで注意すべきのは、ファミリー共有には「承認と購入のリクエスト」の設定があります。家族には子供がいる場合、有効にしておきましょう。

しかし、家族は成人である場合、この設定で勝手な購入を防げません。ですから、設定する前に、家族で有効コンテンツの購入について話しあいましょう。

ファミリー共有を設定する前の下準備

ファミリー共有を設定するには、まずiCloudを設定する必要があります。そして、家族みんなの購入はクレジットカードで決済されますので、支払い方式として、クレジットカードを登録する必要があります。登録がまだの方は、「設定」>「iTunes & App store」>「Apple ID」>「Apple IDを表示」>「お支払情報」で登録しましょう。

ファミリー共有を設定する方法

家族の管理者から、ファミリー共有の設定を始まりましょう。

1.家族の管理者が「設定」画面で、「iCloud」をタップします。

2.iCloudで「ファミリー共有を設定...」を開けて、「さあ、はじめよう!」をタップします。

3.ファミリー共有の説明が表示されます。「続ける」>「次に進む」の順にタップします。

4.支払い方法を確認し、「次に進む」をタップします。自分の位置を家族に共有したい場合、「位置情報の共有」を選択します。設定しない場合は、「あとで」をタップします。

iTunes ファミリー 共有 iTunes ファミリー 設定 iTunes ファミリー アイテム

5.ファミリー管理者の端末で準備が整った後、家族を追加します。ファミリー共有画面で、「家族を追加」をタップします。

6.家族の追加画面で、家族の名前、Apple IDで使用するメールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。

7.家族がそばにいる場合、「パスワードを入力」を選択します。離れている場合、「登録案内を送信」を選び、家族自分の端末で登録します。

iTunes ファミリー 追加 iTunes ファミリー パスワード

8.「パスワードを入力」を選んだ場合、パスワードを入力して、位置情報の設定を選択すれば設定が完了します。

「登録案内を送信」を選んだ場合、相手の端末で通知が届きます。通知センターの通知をタップするか、「設定」>「iCloud」で「登録案内」を開けます。そして、「登録する」を選択し、Apple IDとパスワードを入力すれば、登録が完成します。

iTunes ファミリー 情報 iTunes ファミリー ログイン iTunes ファミリー 確認

ちなみに、ファミリー共有を解除するには、「設定」>「iCloud」>「家族」で自分の名前を選んで、「ファミリー共有への登録を解除」>「登録を解除」の順にタップすればいいです。

ファミリー共有を抜けると、年に1回だけ、もう一度ファミリー共有に登録する機会がありますので、ご注意してください。

ファミリー共有がうまくいかない場合の解決案

まず、前記の設定方法に従って、ファミリー共有の設定をチェックしましょう。ファミリー共有で使うApple IDが間違ってると、もちろん共有もうまくできません。

そして、自分を含む家族全員のApple IDをチェックしましょう。Apple IDの国/地域が一致ではない場合、コンテンツを共有できません。

それでも解決できない場合、Apple IDのサインアウト・サインインを試しましょう。ついでに、端末のシステムを最新バージョンにアップデートします。

ちなみに、一部のコンテンツがファミリー共有で共有できないので、コンテンツが共有可能かどうかを確認しましょう。共有可能の情報は、アプリの情報で表示されます。