> iPhone裏技>iTunes 同期

iTunesでiPhone/iPad/iPodを同期する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.11.06
更新: 2019.06.25

iTunesの同期機能で、アプリ、音楽、写真、映画などをパソコンからiOSデバイスへ同期できます。例えば、パソコンに保存されている音楽は同期機能でiOSデバイスへ同期すれば、iOSデバイスで楽しめます。ここでiTunesでiPhone、iPad、iPod を同期する方法を解説します。

USBケーブルで同期する方法ステップ1. iTunesを起動します。CDの音楽をiPhone/iPad/iPodに取り込みたい場合、又はパソコンでダウンロードした映画や動画などのiOSデバイスで楽しみたい場合、まずこれらの音楽や動画をiTunesのライブラリに追加してください。もし同期したいデータはすでにiTunesライブラリにあるなら、このステップを省略します。

USBケーブルで同期

ステップ2.USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。そして、 iPhoneアイコンをクリックし、左の「設定」の下にそれぞれの設定ができます。例えば、音楽を同期したい場合、「ミュージック」のタブをクリックし、「音楽を同期」のチェックを入れてください。ほかの写真、ムービーなどのコンテンツを同期したい場合、それなりのコンテンツタブを選択し、同期チェックを入れればいいです。

音楽を同期

ステップ3.画面の右下にある「同期」ボタンをクリックすれば、同期が始まります。終わりまでお待ち下さい。同期が終わったら、iPhoneの「取り出し」アイコンをクリックし、USBケーブルから外します。

Wi-Fiで同期する方法Wi-Fiで同期すれば、USBケーブルで接続する必要がなく、無線で同期でき、とても便利です。その方法は以下です:

iTunesを起動し、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。 iPhoneアイコンをクリックして、「概要」タブで「Wi-Fi 経由でこの [デバイス] と同期」のチェックを入れます。

Wi-Fiで同期

このオプションを有効にしていると、パソコンとiOSデバイスが同じWi-Fiネットワーク上にある場合、いつでも同期を実行できます。

注意:Wi-Fiで同期できない場合、パソコンのファイアウォールを閉じてから、再度試してみてください。

iTunesで同期をしようとしますが、iTunesに接続できません。こんな時、どうしましょう?ご心配なく、ここから対処法を見つけます。> iPhone/iPad/iPod touchがiTunesに接続できない時の対処法