> スマホ活用小技>Kingo root ルート化

Kingo rootでAndroidスマホをrootする方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.06.20
更新: 2019.02.12

Rootしなくてもスマホを普通に使えますが、スマホをRoot化したらスマホの機能をもっと発揮できます。最初、ルート化の操作はかなり複雑ですが、今になって、ルート化ツールが多く開発されて、もうワンクリックで簡単なルート化が可能になりました。

しかしルート化ツールはWindowsのみサポートしている場合が多くて、Macを使っている方はAndroidのスマホをルート化したい場合、困ることになります。ですから、ここでアプリ版のルート化ツール、Kingo rootの使い方を紹介します。

パソコン不要、操作も簡単で、成功率が高いツールなので、ルート化したいなKingo rootがおすすめします。しかし、ルート化する操作はどうしても危険性が伴いますので、操作する時かならず手順を守りましょう。そして、自己責任でお願いします。

注意:ルート化するとデータが失う危険性がありますので、はじまる前にまずスマホのデータをパソコンもしくはクラウドストレージサービスにバックアップしましょう。

Kingo root(APK version)でROOT化する方法

ステップ1.Kingo root(APK version)のapkをスマホにダウンロードし、インストールします。ストアはルート化ツールを提供していないので、公式サイトまでダウンロードしましょう。

Kingo Root ルート

ステップ2.インストールが完了したら、Kingo root(APK version)を起動します。メイン画面で、スマホのデバイス情報やAndroid OS情報が表示されます。ルート化するには、「One Click Root」をタップします。すると、アプリが自動的にルート化する操作をはじまります。機種によって、ルート化する操作がかかる時間もそれぞれなので、完成するまで待ちましょう。ルート化する途中、スマホが再起動する場合がありますので、そのまま放置しましょう。

Kingo Root 操作

ステップ3.ルート化が成功すると、スマホの画面で「ROOT SUCCEEDED」という文字が表示されます。これで、ルート化する操作が完了されます。ワンクリックでルート化できますので、かなり簡単です。

Kingo Root 成功

Kingo rootでルート化する成功率は高いですが、失敗したらデータが失い、端末が起動できなくなり、最悪の状況なら文鎮化などの問題が起こるかもしれないです。ですから、データをバックアップすることが忘れないでおきましょう。データさえあれば、もし万が一失敗しても、修復する方法もありますので、怖がらなくてもいいです。

以上でKingo root(APK version)でAndroidスマホをROOT化する方法を紹介しました。パソコンが持っていない場合、このアプリでルート化するのは最適でしょう。