> スマホ活用小技>遠距離恋愛 カップル アプリ

遠距離恋愛カップルのためのアプリ厳選

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.09.22
更新: 2019.02.12

遠距離恋愛を維持するのはとても難しいことです。会えないとき、電話やビデオ通話での交流が必要になり、スマートフォンを使うことが多くなります。そんなカップルのためにデザインされたアプリもあります。ここで、遠距離恋愛のためのアプリをおすすめします。みんなの遠距離恋愛が成功しますように。

距離を測定するもっともロマンチックな方法:Between Us


遠距離恋愛なら、相手との距離を測定しませんか?正確な距離を言っても実感が湧かないでしょう。

正しい数値より、このBetween Usというカップル専用のアプリは、もっとロマンチックな表示方法を選びました。距離をほかの長さに変換します。

たとえば、相手との距離は851個のピラミッド、3990匹のクジラ、100093個のペーパークリップ……

ロマンチックな表示方法距離 ほかの長さ 変換

二人のスマホに、Between Usをインストールしたら、リアルタイムで相手どの距離をおもしろいもので測定できます。おもしろいのは、ふたりのスマホをペアリングする時、「背中合わせ」をする必要があります。親密度が高いですね!

相手 距離 測定でき背中合わせ 必要があり

遠距離恋愛のカップルの間には、距離ではなく、ペーパークリップ、鉛筆、ピラミッド……

Between UsはAndroid 4.4以降のデバイスをサポートしています。サイズは33 MBで、完全無料です。

カップル専属のプライベート空間 Between


二人が離れて、別の場所にいると、相手とシェアしたいものが多くなります。しかし、TwitterやLineに共有した写真や文字は、あっという間に新しい情報に流されます。

専属のプライベート空間で、付き合ってるときの細かいことを記録することができたらいいな、と思いませんか?Betweenというカップル専属のプライベートコミュニケーションアプリを試しましょう。

専属のプライベート空間細かいこと 記録

Betweenには、あなたと相手の二人しかいません。相手と喋ったり、文字や写真、動画を共有したりすることができます。そのすべてが、二人だけの秘密です。

文字や写真、動画 共有二人だけの秘密

相手とカレンダーを共有したくなりませんか?アプリでカレンダーを作成することができます。これで、一緒にいなくても、相手のやることがわかります。

記念日を忘れたことが多いですか?これも大丈夫です。Betweenで記念日のお知らせを作成することができ、ワンキーでAppleカレンダーに同期することができます。別の場所にいても、大事の日をいつでも覚えられます。

Betweenは、iOS 8.0以降のiPhoneやiPad、Android 4.0.3以降のデバイスをサポートしています。iOS バージョンは87.2 MB、Android バージョンは57 MBで、完全無料です。

彼の写真を通知欄に GRIDy


iPhoneの通知欄に特別な「写真の展示欄」を作りましょう。GRIDyは、通知欄で写真をパケット表示することができるアプリです。iPhoneのアルバムに写真やGIFをインポートした後、通知欄で写真を便利で見ることができます。

GRIDyに複数のアルバム(カテゴリ)を追加することができます。1つのアルバムで、写真を9枚まで置くことができます。保存した後、通知欄でウィジェットを追加し、相手に会いたいとき、通知欄をドロップダウンしたら、相手の写真が見えます。

複数のアルバム 追加でき通知欄 ドロップダウン 相手の写真 見え

プライベートな写真が部外者に見られたらどうします?そういう心配はありません。GRIDyには、写真を独立でロックする機能が付きです。ロックされた写真を見るためには、パスワードを入力するか、タッチIDの検証をパスする必要があります。

加えて、写真に文字記録を追加することができます。毎月で一緒に写真を撮って、時間と場所を記録し、一緒にいる日を記録するのはどうですか?

GRIDy ProはiOS 8.0以降のiPhoneとiPadにサポートしています。サイズは60.1 MBで、価格は240円です。

相手の居場所を探す:友達を探す


遠距離恋愛なら、一番欠けるのは、おそらく安心感でしょう。相手のやっていることや考えていることがわからない、頼れるのは思い出や想像だけ、それは辛いです。

ですが、相手の居場所を探すのは可能です。こんな時、iPhoneの「友達を探す」機能を使うことができます。

この機能を使うするには、ふたりともiOSデバイスを使う必要があります。「設定」「プライバシー」「位置情報サービス」の順にタップし、位置情報サービスを有効にして、「自分の位置情報を共有」をオンにします。

自分の位置情報を共有 オン位置情報サービス 有効

「友達を探す」というアプリを開けて(App Storeでダウンロードすることができます)、「友達を探す」の位置アクセス要求を同意します。共有してくれる人のApple IDを入力し、そして送信します。そして、共有する時間を選びます。

位置アクセス要求 同意

「友達を探す」をウィジェットに追加したら、通知バーで相手の位置情報を確認することができます。相手の画像をタップしたら、マップを開けて、相手の位置を細かく確認できます。

位置をチェックすることで、セキュリティ確保のこともできます。このアプリで、相手が安全に家に帰れたことが分かります。万が一意外があっても、相手の位置を確認することができ、救助することができます。

とりあえず、相手がいつ家に帰ったか、いつどこに行ったか、すべてこのアプリでわかります。逆に、もし恋人に嘘をついたら……そんなことは言わないでおこう。

VRでルームを作る:VTIME


電話しても、Lineで喋っても、テレビ電話で話しても、顔を合わせて話すことと比べられないですか?

どうしても会いたいなら、VRでルームを作りましょう。

VTIME

VTIMEは VRオンラインコミュニケーションアプリです。スマホにインストールし、VRメガネを着けて、目の前に「相手」が現れ、話すことができます。もちろん、今の技術では本当の相手に会えることができません。会えるのは、相手が作ったアバターです。

VRオンラインコミュニケーションアプリ

しかし、二人で会話するとき、小さな携帯電話の画面でビデオ通話より、隣に座っている人を「見る」ほうがずっといいでしょう。しかも、VTIMEでは多いの場所を選択することができます。海辺のビーチや夕日のパリ、夜空の下のキャンプファイヤーの傍などで会えます。

多いの場所 選択でき

話すたびに遠距離でワールドツアーします。このアプリは、遠距離恋愛のカップルに新鮮感をもたらすでしょう。

vTimeはAndroid 5.0以降のデバイスをサポートしています。サイズは70 MBで、完全無料です。

遠距離恋愛は二人にとっても試練になりますが、スマホを活用すれば、寂しい時間も少なくなれるかもしれません。工夫すれば、離れてても、きっと日々の幸せを感じられます。