> iPhone裏技>Assistive Touchの活用

iPhoneのボタンが壊れた?Assistive Touchを巧みに利用しよう

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.05.20
更新: 2019.02.12

多くのiPhoneユーザは、Assistive Touchを開く方法が分かりますが、開いたまま放置し、あまり使いません。もし本当にそうだったら、閉じた方が増しです。バッテリを節約することもできます。下記は、iPhoneに損害を与える最大の三つのよく操作の動作を紹介します。1.ホームボタンをクリックで、ホームページに戻ること2.ホームボタンをダブルクリックで、すべてのAppを終了すること3.スリープボタンをクリックで、画面をロックすることしかし、Assistive Touchを活用することで、損害を減少することができます。

1.画面のようにAssistive Touch専用メニューの中に「ホーム」ボタンをタップすると、ホームページに戻れます。

Assistive Touchのメニュー

2.Assistive Touch専用メニューから「デバイス」をタップしてから、「その他」をタップします。「マルチタスク」をタップすると、アプリを終了させます。

マルチタスク

3.画面をロックしたい場合、Assistive Touch専用メニューから「デバイス」>「画面をロック」によってタップすれば良いです。

画面をロックする

4.Assistive Touchの他の便利な機能画面を回転すること消音を解除すること音量を上げる、音量を下げることスクリーンショットを撮影することピンチで画面を引き伸ばすこと

Assistive Touchは、iPhone/iPad/iPod touchを使う際に、ボタンが壊れた場合に役立ちます。もし通常よくAssistive Touchを使えば、ボタンの損害も少なくなれます。