> スマホ活用小技>Move to iOS 使い方

「Move to iOS」でAndroidのデータをiPhoneに移行する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.04.18
更新: 2019.03.26

iOS 9が公開された同時に、AppleがはじめてのAndroidアプリ:「Move to iOS」を公開しました。このアプリで、アプリやデータをAndroidから、iPhoneやiPadに移行することができます。データをサードパーティのデバイスに移行する必要なく、連絡先、メッセージ、ブックマーク、カメラロール、メールアカウントやカレンダーをiPhoneに移行できます。

iOS 9を初期化する時、iCloudやiTunesからバックアップデータを復元する選択肢以外、もう一つの新しい選択肢:「Androidからデータを移行」という選択肢があります。これを選ぶ場合、移行したいAndroidで「Move to iOS」をインストールする必要があります。この記事で、データをAndroidからiPhoneに移行する方法を説明します。

    「Move to iOS」の使い方


STEP 1: iOS 9を初期化する時、「Androidからデータを移行」を選択します。そして、「続ける」をタップします。ここで、iPhoneの画面で10桁のPINコードが表示されます。

Androidからデータを移行 選択

続ける タップ

10桁のPINコード

STEP 2: Google Playストアで、「Move to iOS」をダウンロードし、インストールします。Move to iOS ダウンロード インストール

STEP 3: 「Move to iOS」を起動し、使用規約を同意します。

使用規約 同意コード 検索

STEP 4: 前記のPINコードをAndroidに入力します。これで、iPhoneとAndroidが接続しはじめます。

PINコード Android 入力iPhone Android 接続

STEP 5: 接続完了後、転送したいデータを選べます。選べるデータは、Googleアカウント、ブックマーク、メッセージ、連絡先、カメラロールです。「次へ」をタップすると、移行がはじめます。転送が完了するまでお待ち下さい。

データ 選べる移行 はじめ

注意:データ量が大きい場合、長い時間がかかります。転送中、デバイスを操作するとやり直しになります。移行される写真のタイムスタンプはすべてデータを転送する日付になるので、写真だけをほかの方法で移行するほうがいいかもしれません。

もちろん、すべてのデータを移行できるわけでもありません。「Move to iOS」は無料アプリだけをAppストアで検索、ダウンロードしますので、有料アプリを移行できません。アプリ内部のデータも移行されません。ゲームのセーブデータなどをバックアップするほうがいいでしょう。