> スマホ活用小技>2015年の下半期に登場する新機種

2015年の下半期に登場する新機種:iPhone 6s/Note5はランクイン

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.06.24
更新: 2019.02.12

2015の上半期は半ばを越して、年始にいくつかのフラッグシップ機種も姿を現しました。ハードウェアの競争はもう主流ではない今日、両側曲面ディスプレイ、USB Type-C、フレームレスのディスプレイ、クイックチャージ技術、眼球識別、デュアルカメラなどのような新技術が現れます。ある機能はそんなに必要ではないかもしれませんが、今の携帯の業界には、少しでも興奮させます。

携帯の発表に詳しい皆さんは、各メーカーの新品の登場ピークは毎年の秋であることがきっとご存知でしょう。Appleの新しいiPhoneの発表に加え、iPhoneと競争するAndroidもそれぞれの年度フラッグシップモデルをリリースします。一体、2015下半期に注目すべく機種は何でしょうか?予めご覧ください。

iPhone 6s/6s Plus

実はiPhone 4以降、Appleの秘密保持措置は徹底的に崩壊しました。去年の年末から、iPhone 6sに関する情報はどんどん漏らされます。外国メディアの報道によりますと、iPhone 6sの外観デザインの変更は大きくないが、機体の厚さは今より薄く、6 . 9 ミリから6 . 7ミリまで下がります。タッチスクリーン相変わらず4.7インチで、画面解像度は1334×750ピクセルから1920×1080ピクセルまでアップグレードします。iPhone 6s Plusなら、ディスプレイは2Kになる可能性があります。

ハードウェアについては、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは最新のA9プロセッサを搭載し、M9コプロセッサを内蔵し、メモリは2GBにアップグレードし、1200万画素カメラを採用します。システムは最新のiOS 9を搭載します。

ハードウェアのバラメータはまあまあですが、この前登場したMacBookとApple Watchの感圧タッチ技術がiPhone 6sタッチパネルのバックライト層に加える噂があります。タッチフィードバックシステムと入れるメリットは、ダブルクリックや長押しでコントロールをオンにするなどのようなややこしいジェスチャーを省くことができます。この体験は伝統的なボタン操作より優れています。

iPhone 6s/6s Plus

サムスンS6 Plus/Note 5

情報によりますと、サムスンは「Project Zero 2」という新機種を発表し、名称をS6 Plusに変更するそうです。この機種は、外観から見れば、スクリーンが大きくなるS6と似ています。情報筋によりますと、サムスンS6 Plusの外観はS6 edgeと同じで、両側曲面ディスプレイを採用します。フロントカメラの位置も変わらなく、金属製のフレームレスのボディサイドがデザインされ、後ろは依然としてちょっとでこしたのカメラです。

現在、ハードウエアの情報については明らかではありません。この機種は5.4~5.5インチで、2Kのタッチパネルが配置されます(5.7インチと思われるメディアもあります)。驍龍808六核のプロセッサーを搭載し、32GBのストレージスペースを提供し、カメラはやはり500万画素のフロントカメラで、1600万画素のリアカメラの組み合わせです。

毎年のIFA展覧で、サムスンは最新のGALAXY Noteシリーズを発表します。サンスンの執行副社長Rhee In Jongによりますと、GALAXY Note 5は今年の9月に正式的に発売されます。配置については、サムスンNote 5が5.89インチの4Kタッチパネルを搭載するかもしれません。機体の厚さは7.9mmで、4100mAh容量のバッテリーを配備し、プロセッサは自宅のExynos 7422八核プロセッサで、新世代のS Penタッチペンも同時に配置します。

全体的に見ると、サムスンは次にS6 PlusとNote 5を中心に展開するかもしれません。S6 Plusの位置づけがNote 5より低く、AppleのiPhone 6Plusを対抗するのは主な目的です。

サムスンS6 Plus/Note 5

HTC One ME dual sim

ニュースによりますと、HTCはHTC One ME dual simというOne ME9を発売するそうです。この機種は全体がHTC One ME9+に似ていて、ディスプレイの下にホームボタンを配置し、指紋機能を支持します。噂と同じなのは、金属製のフレームデザインを採用し、三色が提供されます。

ハードウエアについては、HTC One ME dual simは5.2インチで2Kディスプレイと指紋機能が搭載されます。2.2GHzのHelio X10八核プロセッサが搭載され、、3GBメモリや32メモリストレージスペースを配置して、2840mAh電池を採用し、同時に400万画素のフロントカメラと+ 2000万画素のリアカメラを採用します。また、この機種はBoomSoundのダブルスピーカーを持っていて、デュアルカード双待とダブル4Gネットワークをサポートし、Android5.0 のSense7.0インターフェースに基づいて動きます。

HTC One ME dual sim

ソニーLavender / Xperia Z5

ソニーXperia Z3+が発表された後、ソニーは最近、コードネームはLavenderである新機種を発表するそうです。Xperia Z3+と違って、この機種の位置づけが自分撮りの携帯で、1300万画素のフロントカメラを支持します。

現在Lavenderのフロントパネルやその他のコンポーネントについての写真はむき出しになります。Lavenderは超狭いフレームフデザインを採用することが画像から見えます。Lavendeのハードウエアは旗艦级ではありません。5.5インチで1080Pのスクリーンを採用し、64ビットで1.7GHz主频のMT6752プロセッサを搭載し、2GBのメモリを配置し、Android 5.0のシステムで運行し、デュアルカード双待を支持します。

正直に言うと、今年のソニーXperia Z3+は期待が外れます。外観と配置もXperia Z3とほとんど同じです。思わずXperia Z5に期待しています。今年9月のiFA展覧にZ5についての情報をもっと手に入るかもしれません。

ソニーLavender / Xperia Z5

LG新Nexus Bullhead

以上述べた各モデルに比べると、LGの新品情報が多くではありません。今の唯一の噂によると、LGは新世代のNexusを発売します。この前に、Android Policeの報道によると、Google Androidのオープンソースの一部分のコードから見れば、LGの新機種のコードネームはBullheadのNexusです。LG G4のハードウエアを参照し、5.2インチのタッチパネルを配備し、驍龍810、808のプロセッサや3600mAhや2700mAhリチウムイオンを搭載するかもしれません。10月に単独公開される可能性があります。

LG新Nexus Bullhead