> データ復元>上書き ファイル 復元

上書きされたファイルを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2016.03.02
更新: 2019.06.25

「ああ、大変!今日は何時間掛かって出来たファイルが上書きされました。何か復元する方法がありませんか?」はい、はい、この時は落ち着いでください。上書き保存したファイルが当然に復元可能です。バックアップがあるなら、そこから簡単に復元できます。ほか、上書きされた後、すぐにWindowsの「以前のバージョンの復元」機能を利用すれば、ファイルも復旧可能です。

以上の方法を試したが、上書きされたファイルを復元できない場合もあります。この時に「データ復旧」をお薦めします。4つのステップで上書き保存のファイルを強力に復元できます。早速、「データ復旧」を体験しましょう。

上書き保存のファイルを復元するには

ステップ1、「データ復旧」をインストールして起動、復元したいファイルのタイプや元保存先のドライブ名をチェック入れて「スキャン」を押してください。

データ復元 メイン画面

ステップ2、スキャン過程中、進捗状況と残り時間は頂部におるプログレスバーで確認するができます。時間までは少し待ってください。

スキャン中

ステップ3、上書きされたファイルを検索結果から選んでチェックいれ、「リカバリー」ボタンを押してください。

プレビュー ファイル

ステップ4、リカバリー完了ウインドウで、指定される復元先のフォルダを直に開いて復元結果を確認することができます。

復元完了

ヒント:ファイルが上書きされたのは日常生活でよくあることです。念のため、重要なファイルが事前にベックアップしたほうがいいと思います。