> iPhone裏技>iPhone 乗っ取り 対処法

iPhoneが乗っ取られた?!乗っ取りの症状と確認方法とその対処案

編集者:
日付: 2017.09.06
更新: 2019.08.10

パスワードの管理が甘いと、LINEが乗っ取られるような事件が起こる可能性があります。それと同じく、iPhoneのApple IDのパスワードが盗まれたら、そのiPhoneが乗っ取られていろいろ大変なことが起こります。iPhoneには、沢山の個人情報が保存されていますし、最悪の場合、そのiPhoneがロックされて使えなくなることもあります。

ここで、iPhoneが乗っ取られるときの症状と解決方法を説明します。

iPhone 乗っ取り 対処法

iPhoneが乗っ取られている時の症状

iPhoneがハッキングされている場合、身に覚えがないことが発生することが多いです。例えば、突然iPhoneにお知らせが来ます。

「(見たこともないメールアドレス)に対して、FaceTime、iCloud、iMessageなどを追加しますか?」

このお知らせがiPhoneに来る場合、ハッキングされている可能性が大きいです。新しいデバイスで自分のApple IDをログインする場合、このメールが表示されます。メールアドレスは自分のApple IDのはずなので、全く覚えがないメールアドレスが表示される場合、自分のApple IDが乗っ取られているかもしれません。

Apple IDが乗っ取られると、パスワードが変更されたら、音楽やアプリの購入はできません。さらにクリジットカードを登録している場合、知らない決済がされてしまう可能性もあります。

iPhone 乗っ取り 解決案

iPhoneが乗っ取られている時の解決案

1.Apple IDの2段階認証を設定します普通のログインはメールアドレスとパスワードを入力するだけでいいですが、2段階認証はログインする時、信頼できる端末にコードを発行し、そのコードを入力しないとログインできません。ですから、設定された信頼できる端末を入手しない限り、Apple IDでログインできません。

設定する方法は、Apple IDの管理画面にログインし、「Apple IDを管理」>「パスワードとセキュリティ」>2ステップ確認項目の「利用を開始する」をタップします。

以上が簡単で2段階認証を設定する方法です。

iPhone 乗っ取り パスワード

2.複雑なパスワードを使います

誕生日などのパスワードはわかりやすいし、桁数も少ないので、見破られる可能性が大きいです。

ですから、ランダムの英数字や記号を使うほうがおすすめします。できれば、8位以上のパスワードがおすすめします。ちなみに、ほかのサービスのユーザーデータが流出するリスクもありますので、できればApple ID専用のパスワードを使いましょう。

パスワード管理ツールパスワード生成ツールもありますので、使うとかなり便利になります。

3.iPhoneにパスコードを設定します

iPhoneのパスコードも同じく、4桁のものではなく、英語や記号を使うほうがいいです。もちろん、新型モデルのiPhoneを使う場合、指紋認証を使ってもいいです。

以上がiPhone乗っ取られの確認する方法と解決する方法です。Apple IDだけではなく、なるべくアカウントの安全を注意しましょう。