> スマホ活用小技>LINE 乗っ取り 対処法

【セキュリティ必見】LINE乗っ取りの手口と防止対策

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.09.07
更新: 2019.06.25

LINE乗っ取りの詐欺案件は最近多発しています。自分ではなく、友人や知人も被害にあうため、大変なことです。その手口は何でしょうか?どうすれば乗っ取りを防ぐことができますか?ここで、LINE乗っ取りについて詳しく紹介します。

LINEアカウントが第三者に乗っ取られて、詐欺で利用される事例があります。その原因は、他社から流出されたアカウント情報が利用され、ほかのサービスで使っているメールアドレスとパスワードでLINEにもログインできるからです。ですから、ほかのサービスと違うパスワードを設定することがおすすめします。

LINE乗っ取りの手口

LINE アカウント 攻撃 乗っ取り

犯人は不正ルートで入手したメールアドレスやパスワードを利用し、LINEにログインして、友人や知人に電子マネーなどを騙し取ります。友人からのメッセージなので、騙される人も多いです。

多くの場合、ほかのサービスでLINEと同じくメールアドレスとパスワードを使っていることが原因です。いろんなサービスに登録している場合、これらのサービスは100%の安全が保証できないので、このパスワード流出の危険は意外で高いです。

ラインが乗っ取られた時の対処法

LINE ライン 友人 乗っ取られ

アカウントが不正ログインされる場合、友人や知人が被害を受ける可能性が高いです。友人が被害を受けている場合と自分が被害を受けている場合、対処法は少しだけ違います。

友人のアカウントが乗っ取られる場合

友人から不自然なメッセージが来る場合、なるべく注意し、友だちに早くお知らせしましょう。たとえば、「WebMoneyをコンピニから買ってきてください」「アプリを入れてください」のような電子マネーの購入やアプリのインストールなどの要請が来る場合、不正ログインの可能性が高いです。

あまり連絡していない友人から金に関わる話が持ちかけてきたら、なおさら警戒する必要があります。電話やメールで被害を受けている友人になるべく早く連絡しましょう。

自分のアカウントが乗っ取られる場合

不正ログインされると、アカウントが自分の端末で削除されてしまいます。ですが、もし早く気付けば、アカウントを取り戻す可能性もあります。

LINE ライン 端末 アカウント

LINEのアカウントが乗っ取られると、「他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます」と表示されますが、この場合、「確認」を押して自分のメールアドレスとパスワードで再ログインします。

ログインが成功したら、幸いなこと、パスワードが変更されていません。この場合、「その他」>「設定」>「アカウント」>「ログイン中の端末」の順にタップします。

LINE ライン 端末 最ログイン

ここでログインしている端末を確認します。心当たりがない端末があったら、右の「ログアウト」をタップします。 そして、自分のパスワードを変更すればいいです。

自分のパスワードでログイン出来ない場合、パスワードが変更されているかもしれません。この場合、LINE公式問題報告フォームで問い合わせてしましょう。

LINE 乗っ取り 防止

ちなみに、「LINEストアにログインしました(できませんでした)」「PCでLINEにログインしました(できませんでした)」などの心当たりがない通知が届いたら、不正ログインされる可能性が高いです。速やかにパスワードを変更しましょう。

LINEの乗っ取りを防止するためには

まだ被害を合っていない方にも、油断しないで欲しいです。ラインの乗っ取りを防止するために、日頃からできることがあります。これらは、他のアカウントサービスを使うときにも通用する法則と言ってもいいので、知っておいて損はありません。

1.パスワードの使い回しはNG

企業に守られているとは言え、アカウント情報の流出事故は度々起きます。ハッカーたちは得た情報を、その他サービスにもアクセスを試みます。なぜなら、記憶の方便上、同じパスワードを使いまわしている人がたくさんいます。特に、同じメールアドレスや携帯番号で登録したアカウントは、当たる率が高いです。そのため、重要度が高いほどのアカウントは、専門のパスワードを作成した方がいいです。

2.二段認証をオンにする

二段認証をオンにすると、一度もログインしたことがない端末からアクセスすると、認証を求めるように持ち主のスマホに番号を送信してきます。その番号を入力しないと、ログインできません。スマホは自分の手にありますので、これで乗っ取りを防止できます。

LINE 乗っ取り 二段認証

3.パスワードを時々変更するのが吉

面倒臭いと思ってずっと同じパスワードを使っている人もいますが、実は一定時間に変更するような地味な方法でもかなり効きます。半年や何ヶ月でパスワードを変更してみましょう。

4.使わない時はログイン許可のチェックを外す

アカウント設定のとろこに、「ログイン許可」というものがあります。もしあなたはPC、iPadなどのサービスにラインをログインすることがないなら、このチェックを外しましょう。

まとめ

LINEが乗っ取られては、金銭的被害が発生する可能性が大きです。あまり連絡しないLINEの友人からいきなり金銭関係の連絡が来たら、まず本人であるかどうかを確認しましょう。また、不自然な連絡がありましたら、個人情報を与えないでください。自分のアカウントが乗っ取られている場合、できるだけ友人にそのことを伝えて、被害を抑えましょう。