> スマホ活用小技>QR コード アプリ

iPhoneとAndroidでQRコードを読み取れるアプリの紹介

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.07.25
更新: 2019.03.26

iPhoneやAndroidスマホを使えば、QRコードを読み取ることで、すぐリンクを開けたりして便利です。ですが、QRコードを読み取れるために専用のアプリを使う必要があります。ここで、iPhoneとAndroidでQRコードを読み取れるアプリを紹介します。

一、公式QRコードリーダー”Q”

Android 】 【iTunes

QRコード 専用 アプリ

QRコード読み専用のアプリで、読み取る速度がとても早いです。細かいコードでもすぐ読み取れることができます。履歴が記録されますので、コードをもう一度読みなくてもサイトを再表示可能です。ARコンテンツにも対応していて、機能が豊富です。

二、QRコードリーダーEQS

Android 】 【iTunes

QRコード コードリーダー EQS

認識の速さと範囲がともに優秀で、プロフィールやアドレス帳、リンクをQRコードに作成し、友達に送信できます。リンクを読み取った後、送信、共有などいろんな操作ができ、特に普段で使うブラウザで開けることもできますので、慣れた環境で操作することができます。

三、お父さんQR

Android 】 【iTunes

QRコード お父さん

softbankのCMキャラクター「お父さん」でQRコードを読み取るスキャナーアプリです。なりよりキャラクターがかわいいです。そして、読み取った連絡先をそのまま登録することができることが便利です。ライト機能がついていますので、撮影環境が暗い場所だったら使えます。読み取ったデータの履歴が残りますので、再読み取りする必要がなくなります。

四、LINE

Android 】 【iTunes

QRコード LINE

チャットアプリとしてお馴染みのLINEです。みんなのスマホにインストールしていますので、専用のQRコードスキャナーアプリをダウンロードしたくない場合、LINEを使えばいいです。「そのほか」画面で、「友だち追加」をタップし、そして「QRコード」をタップすれば、QRコードをスキャンできます。読み取ったリンクは、直接LINE内蔵のブラウザで開けられます。

以上で、QRコードを読み取れるアプリについて紹介しました。QRコードはリンク記録するだけではなく、プロフィールや連絡先、文字列などいろいろ記録できます。使える場所が多いので、これからも増えるでしょう。ですから、使いやすいQRコードスキャナーアプリを選びましょう。