> PC豆知識>Windows 画面 録画

Windows 10画面録画・動画キャプチャーソフトおすすめ

編集者: 石橋 東雅
日付: 2019.04.09
更新: 2019.04.30

Windows 10を使っている時、パソコン画面を録画して高画質の動画として保存したくなる場合もあるでしょう。画面キャプチャーと言えばスクリーンショット機能が搭載したソフトを利用すればすぐにできますが、Windows 10のゲームプレイ画面やビデオ通話画面などを保存したり他人に見せたりしたい時、やはり情報量が豊富な動画コンテンツを作るほうが人を引きつけますね。

ビデオの作成というと「なんか難しそう」と考えられて敬遠されるかもしれませんが、実はWindows 10画面の録画はWindows向けの画面レコーダーソフトを活用すれば簡単に作成できます。現在、シンプルかつ便利な動画キャプチャーツールは珍しくありません。ここではまず多彩な録画機能を持つPC画面録画のWindowsバージョンを例にして、Windows 10画面の動画キャプチャー方法を紹介します。

一、Windows 10画面を「PC画面録画」で録画する方法

ステップ1、最初は「PC画面録画」のWindowsバージョンをパソコンにダウンロード・インストールしてください。

ステップ2、インストールされたソフトを起動して、「PC画面録画」は音声レコーダーとスクリーンキャプチャー機能も搭載していますが、Windows 10画面を録画する場合には「動画レコーダー」を選択します。

Windows 画面 録画

ステップ3、ここでは動画キャプチャーの録画設定が編集できます。録画中のホットキー、録画範囲のカスタマイズや音量など、録画する前には好みによって変更してください。画面録画の設定が終わった後、「REC」ボタンを押して録画を始めましょう。

Windows 録画 パネル

ステップ4、録画中にはブラシボタンを押してWindows画面に落書きを追加することができます。録画を終わらせたい時には四角の「停止」ボタンを押してください。

Windows 録画 画面レコーダー

ステップ5、これで録画したビデオのプレビュー画面になります。プログレスバー上のクリップを移動することで保存したいビデオの開始時間と終了時間を設定できます。動画をWindows 10に保存したい場合、「ビデオを保存」を押してください。

Windows 録画 ビデオ プレビュー

ステップ6、すると動画保存先の選定画面に入ります。保存先を決めた後、「次へ」を押してビデオを保存します。そして録画履歴画面が表示されて、ユーザーは保存した動画を再生して確認できます。

Windows 10 録画 設定

専門的なWindows画面録画ならば上記の「PC画面録画」ソフトはおすすめです。そのほか、もしWindowsの特定なウィンドウだけで録画したい、或いはインターネットが利用できなくて録画ソフトのダウンロード・インストールができない場合、次の方法を代替策として参考にしてください。

二、Windows 10の標準機能で画面の動画キャプチャーをする方法

意外とあまり知られていないようですが、実はWindows 10の標準機能「ゲームバー(Game DVR)」もWindows画面のスクリーンショット・録画機能が搭載しています。

「ゲームバー」は名前の通りにゲーム画面録画用ツールですので、一つのウィンドウしか録画できません。つまり、デスクトップ画面は録画できないし、Windows画面の任意の部分を録画することもできなくてウィンドウ単位で録画するという制限があります。

でも、「ゲームバー」は初期標準機能として、ダウンロード・インストール不要かつ操作が分かりやすいメリットを持ちます。Windows 10の動画キャプチャーをしたい時には、やはり簡単な画面録画方法の一つとして本機能の使い方を身に付ける方がいいです。

「ゲームバー」でWindows 10画面を録画する操作手順:

1、まずはキーボードの「Windows」+「G」キーを押して、「ゲームバー」を呼び出します。

Windows キーボード ゲームバー

2、初めて「ゲームバー」を利用する場合、「はい、これをゲームとして記憶します。」をクリックしてゲームバーを起動します。

Windows ゲームバー 起動

3、「ゲームバー」のメニューが表示されます。録画する場合には赤い「録画開始」ボタンを押してください。

ゲームバー 録画開始

4、これでWindows画面録画が始まり、開始ボタンが停止ボタンになり、録画経過時間も表示されます。終わらせたい場合には四角の「停止」ボタンを押してください。録画したビデオが自動的に保存されます。

ゲームバー 録画中

ちなみに、録画対象ウインドウの画面サイズが「最大化」や「最小化」などで変更されると、ウィンドウの録画が自動的に終了されて録画した内容も自動的に保存されます。

ゲーム録画用ツールですので、録画範囲は一つの録画対象のウィンドウに限定されていますが、録画中にはゲームバーから録画対象のウィンドウに切り替えて操作し続けることが可能です。その場合、ゲームバーはミニサイズになります。

ゲームバー ミニ

作成したビデオはWindowsパソコンの「PC」>「ビデオ」>「キャプチャ」フォルダーに保存されます。ビデオ形式はMP4です。

ゲームバー 録画 保存先

Windows 10標準機能の動画キャプチャー方法は以上ですが、システムの不具合やハードウェア問題等の理由でゲームバー機能でも録画できない場合があります。その時は下記の内容をご参照ください。

Windows 10画面のゲームバーで録画できない時の原因と対処法

1、Windows 10の「設定」を確認

Windows 10の「スタート」メニューを開き、左側の歯車アイコンをから「設定」に入ります。「ゲーム」の「ゲームバー」で「ゲームバーを使ってゲームクリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする」をオンにして、ショートカットキーの設定も確認します。必要があれば変更も可能です。

2、ハードウェア要件を確認

Windows 10のゲームバー録画機能を使うためには関連ハードウェア要件を満たす必要がありますので、満たされない場合には録画機能を使用できない恐れがあります。ハードウェア要件の詳細はMicrosoftの「Windows 10 のゲーム録画に関するハードウェア要件」ページをご参照ください。

3、Windows 10のアップデートを確認

Windows 10の不具合・エラー・バグで録画機能が使えない可能性もありますので、Windows 10を最新バージョンにアップデートしてください。「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」でWindows 10のアップデートを確認できます。

4、録画できないウィンドウもある

一部のウィンドウや画面に録画対策があるため、ゲームバーの録画機能が制限されて、録画できなくなる可能性があります。

録画ソフトを代わりとして使う

Windows 10のゲームバーで録画できない場合、不具合を探して解決する同時に、ほかの録画ツール、例えば「PC画面録画」を代用ツールとして使うことも録画方法の一つです。これからWindows用の画面録画ソフトを好みに合わせて利用して、それぞれの豊富な録画機能を楽しめてWindowsの動画キャプチャーを試してみましょう。