> iPhoneデータ復元>壊れたiPhoneのデータの復元

壊れたiPhoneのデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.07.07
更新: 2019.06.25

iPhoneが急にブラックになって、壊れました。どうしますか。2009年のiPhone3GSから現在2014年のiPhone 6/6 Plusまで、iPhoneが壊れにくいということがよくiPhoneユーザが言われていますが、一旦壊れたら、治すのは難しいことになります。Apple Storeに頼む方法しかないようですよね。で、壊れたiPhoneのデータをどうやって復元できますか。或は、どうやって、壊れたiPhoneからデータを抽出できますか。「iPhoneデータ復元」というソフトを使えば、二つの復元方法があります。

しかし、この二のの復元方法を使う前提はiTunesやiCloudでバックアップを取ったことがあることです。下記の手順を従って、気楽に使てみてくださいね。

ヒント:このソフトを購入する前は、無料版を使って、iCloudやiTunesのデータがあるかどうかの確認が大切です。

モード1 iTunesバックアップファイルから復元

ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始この前iPhoneがiTunesでバックアップの時間を表示しています。近い時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンをクリックします。

壊れたiPhoneデータの復元

ステップ2 プレビュー、データの復元すべてのデータがスキャンした後、プレビューできます。データを確認して、復元したいデータを選択して、「復元」ボタンを押します。

壊れたiPhoneデータの復旧 

モード2 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 Apple IDのサインインこのモードはApple IDとパスワードを入力するのが必要です。Apple IDとパスワードを正しく入力してください。

iPhone データの復旧

ステップ2 バックアップファイルのダウンロード最終バックアップの時間が表示しています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

iPhoneデータの復元

ステップ3 データの選択、復元復元したいデータを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

壊れった、失くしたiPhoneのデータ復元 

ご注意:今後、データ安全のために、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。 弊社のソフトが何か不明な点があれば、お知らせいただければ幸いです。