> iPhoneデータ復元>iPhoneファイルの復元

iPhoneから削除されたファイルの復元方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.06.16
更新: 2019.03.26

iPhoneでLINEやWhatsApp から受け取ったファイルが自動的にiPhoneに保存します。どこかに保存するのは分からないけど、チャット履歴のところだけファイルが見えます。ですが、一旦iPhoneのアップデートや、チットアプリを更新する時など、チャット履歴が無くなりました。どこかで復元するのは自分も分からないですよね。心配しないでください。ここで、iPhoneから誤って削除されたファイルの復元方法を紹介したいです。「iPhoneデータ復元」というソフトが使ったら、簡単に解決できます。下記の手順が詳しく説明しましたので、手順を従って、気楽に体験してくださいね。^^

ヒント:iPhoneの添付ファイル紛失してから、ファイルの復元したいなら、iPhoneの使用はなるべくしないほうがいいです。ファイルが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。そして、ソフトを購入する前は、無料版を使って、復元したい添付ファイルが残るかどうかの確認が必要です。

モード1 iOSデバイスから復元

ステップ1  iOSデバイスとPCの接続、スキャン開始データを確認ため、まずソフトの無料体験版をダウンロードして、開くと下の画面が出ます。iPhoneをPCに接続してください。(iPhone4/3GSのユーザは下のご注意のところを参考してください。)

iPhoneファイルの復元

接続準備が完了した後、以下の画面が出ます。開始のボタンを押してください。

削除したiPhoneファイルの復元 

iOSデバイスが分析しています。少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

アイフォン ファイル 復元

ご注意ここで、iPhone設備によって、はじめての操作も違います。iPhone4/3GSのユーザは下の手順を従って、デバイススキャンを開始します。iPhone4S、iPhone 5/5s/5c、iPhone 6/6 Plusのユーザはここの内容をとばしてください。

A. デバイスをコンピューターに接続して、プログラムを入ります。先にプラグインをダウンロードする必要があります。提示のように簡単で操作できます。.DFUモードを入って、ダウンロード完了後、スキャンする前、デバイスのスキャンモードを入ります。そして、 下記の手順従ってください。

1、「スタート」ボタンをクリックしてください。2、「パワー」と「ホーム」を10秒間、同時に押してください。3、10秒後、「パワー」のボタンを外しますが、「ホーム」ボタンをまた15秒押し続けます。

iPhoneから添付ファイルの復元

ステップ2 デバイスのスキャン、プレビューデバイスをスキャンしています。デバイスの写真、連絡先、SMSメッセージ、ファイル、ビデオ、メモ、ボイスメモなどが復元する前にプレビューできます。

文書の復元 iPhone

ステップ3 プレビュー、選択的に復元削除された項目をONにしたら、削除されたデータが見えます。復元したいファイルを見つけって、復元を実行します。

iPhoneデータ 復元

モード2 iTunesバックアップファイルから復元

このモードの使用するなら、このデバイスが以前iTunesでバックアップをしたことが必要です。

ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始iTunesのバックアップファイルが表示されています。正しい時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンを押します。

iPhone 文書の復旧

ステップ2 プレビュー、ファイルの復元すべてのデータがスキャンした後、添付ファイルか文書のところを押して、復元したいファイルを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

iPhoneフファイル 取戻し

モード3 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 Apple ID のサインインこのモードはApple IDとパスワードを入力するのが必要です。IDとパスワードを正しく入力してください。

添付ファイルの取戻し 

ステップ2 バックアップの選択、ダウンロード最終バックアップの時間が表示されています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

iPhone消したファイルの復旧

ステップ3 iCloudのバックアップの分析、ファイルの選択、復元iCloudのバックアップをスキャンしています。しばらくお待ちください。ここで、iPhoneの大部分のデータがプレビューできます。

紛失したファイルの復元

取戻したいファイルを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

削除したファイルの復旧

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。