> データ復元>ゴミ箱 データ 復元

ゴミ箱から削除されたデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.05.30
更新: 2019.02.12

ゴミ箱から永久に削除してしまったファイルを復元できますか?つまり、ゴミ箱を空にした後、まだ必要なファイルデータがあると発見し、そのファイルを復元してくれるのですか?

ゴミ箱のデータ復旧ソフトウェアさえあれば、復元可能です。ここでは「データ復旧」をおすすめします。このソフトは、ゴミ箱が空になってしまっても、そこから削除されたファイルも強力に復元させることができます。さっそくダウンロードして試してみましょう。

ノート:このソフトをダウンロード・インストールする時、失われたデータと同じパーティションに保存しないでください。データが上書きされたと、復元が難しくなりますから。

ゴミ箱から削除されたデータを復元する方法

ここは初心者でも簡単に利用できるウィザードモードの操作手順をサンプルとして説明します。

ステップ1.「データ復旧」をインストールした後、起動します。削除されたファイルタイプと元の保存先を選択し、「次へ」をクリックします。ゴミ箱から削除されたファイルを復元するには、ドライバを全部選択してください。

データ復元 メイン画面

ステップ2.全ドライバスキャンするには少し時間がかかるので、できるだけ限りパソコンを操作しないで、気長く待ってください。

スキャン中

ステップ3.暫くたってば、検索結果が出てきます。ソフトから表示されるファイルを直にプレビューすることができます。その中に復元希望のファイルを探し出して、チェックを入れたら「リカバリー」をクリックしてください。

プレビュー ファイル

ステップ4.復元が完了したら、復元の結果がポップアップの形で確認できます。

復元完了

ゴミ箱からのデータ復元について

パソコンの不要なファイルデータなどは、ゴミ箱に移すことで、削除することができます。ただし、完全に削除されたというわけではありません。もう一度利用したい場合は、元の場所に戻して再度利用することができます。

ゴム箱を開く>復元したいファイルを右クリック>「元に戻す」をクリック

上記の手順によって、元の位置に復元できます。しかし、ゴミ箱を空にすると、データが完全になくなり、簡単に元に戻すことができなくなります。「データ復旧」のような専門のゴミ箱復元ソフトウェアが必要です。