> スマホ活用小技>Facebook 削除 友達 復活

Facebookの削除された友達を復活する方法

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.03.16
更新: 2019.02.12

とある理由でFacebookの友達を削除しました。または誤って友達を解除してしまった場合があります。今まだ相手が友達リストの中にいますか?Facebookの「友達」の「他を見る」をクリックして、今までリスト中に保存されている友達をチェックしてみましょう!相手の名前がないなら、既に削除されてしまうはずです。

しかし、あの人を友削除した覚えがありません!おかしいと思いませんか?どうして親友が友達リストから消えたか分からなくて、ほんとうに自分が相手を削除したか確かめたい場合、昔の友達記録をチェックしてみましょう!

Facebook 友達 復活

Facebookの友達を削除したか確認する方法

Facebookではユーザーの一部の操作を確認することができます。

ステップ1 自分のFacebookのタイムラインをチェックしますステップ2 「アクティビティログを表示/見る」をクリックしますステップ3 表示された画面の左側のメニューの「フィルタ」(写真・いいね・コメントなど表示するメニュー)の欄の下部にある「他を見る」をクリックしてください。ステップ4 これで表示された項目が増えます。その中の「友達」を押してください。ステップ5 表示されたリストは「いつ誰と友達になった」・「いつ友達の誰をリストから削除した」を日付により記録しています。

友達がいつ削除されたか確認したい場合、本方法を利用してください。でも、自分がいつ友達の誰をリストから削除したという行為を記録するものなので、誰かが友達リストから自分を削除したらこれで確認することができません。

Facebook 友達 削除 確認

Facebookの削除した友達を取り戻す方法

自分が友達を削除したことを確認したら本題に戻りましょう!削除した友達を取り戻したい人もいるでしょう。一度削除したFacebookの友達を復活することと言えば、とても簡単です。二度と友達リクエストを送って再申請すれば削除した相手が再び友達リストに入ります。

再申請するだけで、再び友達になりますが、気を付けるところもあります。

1.友達を復活したいが、再申請することができない場合:

「友達になる」を押して再び友達リクエストを送ればいいと思いますが、相手のFacebookをチェックすれば、「友達になる」「友達リクエストを承認」などのボタンがなくなりました!

その場合、Facebookのプライバシー設定をチェックしてください。「友達リクエストを送信できる人」の設定により、自分は「相手の友達の友達」ではないなら、友達リクエストを送信できないこともあります。

Facebook 友達 再申請 復活

2.友達を復活したいが、削除したことはバレたくない場合:

友達リクエストを提出すれば、友達申請の通知が相手に届けられます。「おかしい?今までもずっと友達じゃないか?」と相手がリクエストを受けるとそう思うかもしれません。相手は「もしかして、削除されました!?」と気がついたら大変です。友達を削除したことがバレたら、二人の関係が崩れるだけではなくて、ほかの友達も「もしかして私も友達リストから削除されたかも…ひどい!」と思ってしまいます。

相手にFacebookの友達リストから削除されたことを知らせたくありません。でも、残念ですが、削除した友達を復活したいなら、再申請しなくて直接的に友達リストに戻せることができません。再び相手に友達リクエストを送るしかありません。そのため、Facebookの削除したユーザーと二度と友達になりたいなら、せめて「誤って削除しました。」などの理由をつけて、友達再申請をしてください。

Facebookの友達解除は慎重に行うべきだ!

Facebookの友達を削除したら、友達再申請を行わないと友達を復活することができません。そのため、友達リスト中の方を削除したい場合、慎重に考慮してから操作してください。